スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当面のドル円レートの目標は1ドル100円か?

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

当面のドル円レートの目標は1ドル100円か?

ここもと外国為替市場で円安が進み、また、株価の上昇傾向となっています。その背景としては、「米国、連邦政府の債務上限引き上げ交渉が5月まで先送りされたこと」、「日本のいわゆるアベノミクスによる金融・財政による脱デフレ」「比較的小康状態の欧州」があげられます。

しかし、株価上昇は世界景気にとってもいいことですが、ピッチが早すぎるとの懸念も出てきています。株価は一本調子で上がるものではありませんから、いずれ調整局面が来ることを想定し、中長期的な観点から見ることが重要になるでしょう。

ところで、現在、マーケットでは1ドル100円が目処という見方が強まっています。その理由は、麻生財務・金融相の「リーマン・ショックの前は1 ドルは100 円以上だった」、石破自民党幹事長の「100 円まで円安が進めば輸入物価が上昇するなどの弊害を招く」という2つの発言などから、日本政府が1 ドル100円を一つの目処としていると考えられるようです。

その点、現在の93-94円台はドルを持ってもいい水準ということになります。

ここからドル円も一時的に調整することが考えられますが、ここも目先の動きにとらわれないことが重要になるのかもしれません。

とりあえず、目先、1ドル100円が目処とすれば、現在は外貨への投資、特に安定運用のファンドへの投資は投資タイミングといえるのではないでしょうか。


ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

今後の世界の経済見通しは?

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

今後の世界の経済見通しは?

-IMFの経済見通しから-

IMF(国際通貨基金)は1月23日に世界経済見通しを改定しました。それによれば、2013年の世界の成長率予想を3.5%(10月時点3.6%)、2014年の予想を4.1%(同4.2%)とし、それぞれ前年に比べ成長が加速するとの予想を示しました。

この点、今年、来年とIMFの見通しとして、世界経済は緩やかに回復、成長するという見通しです。あくまでも緩やかですが...

但し、先進国は依然として低い成長率が続きそうです。

先進国の成長率は、2013年が1.4%、2014年が2.2%になる見通しとなっており、米国では「財政の崖」がおおむね回避されたことに加え、株価の上昇や住宅市場の回復などを背景に、個人消費が一段と堅調に推移し、同国経済は好転していくとしています。

一方、ユーロ圏の成長率は、2013年を-0.2%、2014年を1.0%と、それぞれ下方修正しました。IMFでは、緊縮財政政策や金融情勢により成長が抑制されているユーロ圏周辺国の景気低迷が、ドイツやフランスなどの中核国に波及していることが背景としています。

また、日本については、日中関係の悪化で、中国向けの輸出が落ち込み、景気は後退傾向にあるものの、安倍政権が打ち出した大規模な景気対策、大胆な金融緩和やそれに伴う円安傾向が、短期的には成長につながると指摘しました。

一方で、新興国は引き続き高い成長が続く見通しとなっています。

新興国の成長率は、2013年が5.5%、2014年が5.9%になる見通しとなっています。

IMFでは、景気低迷による先進国の需要減少が新興国の貿易にマイナスの影響を与えているものの、政府による景気刺激策などが成長を後押ししていると分析しています。

なかでも中国の経済成長率は、2012年に7.8%まで減速した後、2013年、2014年はともに8%台を回復する見通しです。なお、IMFでは、中国とインドを含むアジアは、世界でもっとも成長率が高い地域であり続けるとの見方を示しており、金融市場においても、これらの国々の成長力に注目が集まるものとみられます。

これらの見通しからは、引き続き新興国が世界経済を牽引している構図は変わらないといえます。今後とも新興国への投資が高いリターンを期待できる可能性があるといえそうです。

資産配分の考え方としては、安定運用の海外ファンドを分散投資してコア(核)に置き、新興国への投資をプラスαとして組み入れることで、ポートフォリオ全体が比較的安定し、より高いリターンを得られることが期待できます。

くれぐれも一極集中は禁止です。

最近の運用はハイリスク・ハイリターン、つまり、高いリスクをとったからといって、必ずしも高いリターンを得られるとは限らなくなってきているのです。ハイリスク・ミドルリターン、もしくは、ハイリスク・ローリターンの可能性も高くなっています(その理由は、別の機会にご紹介します…)。

一方で、リスクを抑えた運用が、結果として、うまくいっているケースが多いのです。いかにブレ(リスク)を抑えた運用を行うか… これが最近の資産運用のコツなのです。



ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

国の借金958兆円 過去最大

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

国の借金958兆円 過去最大

2月10日財務省によりますと、国債や借入金を合わせた国の借金が昨年末の時点で過去最大の958兆6358億円になったとのことです。昨年の9月末から比べますと4兆2205億円増えました。借金が増えた理由は東日本大震災の復興債発行などとのことですが、昨年末の残高は国民一人当たりに換算しますと約750万円の借金を抱えている計算になります。

ますます増える日本の借金、その理由は言うまでも無く、日本の一般会計予算の構造をみれば明らかです。
まず、歳出ですが2012年度政府予算案では、90.3兆円でその内訳は、社会保障は文教費などが51.8兆円、地方交付税などが16.6兆円、国債費が21.9兆円となっています。

一方、歳入ですが、税収が42.3兆円、国債が44.2兆円、税外収入が3.7兆円となっています。

つまり、これをサラリーマン家庭としてみてみますと、42.3万円の給料で月90.3万円使っているようなイメージです。このようなサラリーマン家庭があったとしたらどうでしょう。いずれは破綻することが明らかです。一概に国の予算とサラリーマン家庭を同じに考えることはできませんが、深刻な状況であることには変わりはありません。これが今の日本の状況なのです。

このままだと、将来、今のギリシャのようになる可能性も高くなります。もし、そうなれば、緊縮財政となり、年金、医療、教育などのそれぞれの予算が大幅にカットされ、かつ、大幅な増税される可能性があります。とても悲惨な状況です。

今、私たちができることは、もし、このような状況になったとしても大丈夫なように少しずつ自己防衛をしていくことです。その方法の一つが国際分散投資による資産運用です。国際分散投資を行うことで、よりリスクを分散でき、安定的に運用する可能性が高まり、資産を守りながら、安定的に資産を殖やせる可能性が高くなります。

そうした自己防衛策は今すぐにでも行うことができます。あとは実効するかしないかだけの問題ですね。



海外ファンド研究 「英学生寮で運用する安定運用ファンド」

今回は英国の学生寮で運用する安定運用ファンドです。
ファンド概要は以下の通りとなります。

1.申込期間  :月次
2.申込可能通貨:英ポンド£、ユーロ€、米ドル$/シンガポールドルS$
3.最低申込金額:£10,000 / €10,000 / $15,000 /S$20,000 
4.満期償還日 :なし
5.元本保証  :なし
6.年換算複利利回り:25.74%(英ポンド2009年12月~2012年1月)
7.解 約   :月次解約可
8.手数料   :○前払い 購入時:5%  解約時:なし
※前払いは英ポンドのみ
        ○後払い 購入時:なし
解約時 :1年以内の解約:5%、2年以内:4%、3年以内:3%、4年以内:2%、5年以内:1%、5年超:なし
   

      
1. ファンド概要
年間10-12%のリターンを目指す、学生寮へ投資するファンドです。英ポンド建ての運用は2009年12月からスタートし、2012年1月まで一度もマイナスの月はなく安定的な運用実績をあげています。 ちなみ2011年の運用実績は14.20%でした。
    

2.運用方法
まず、英国のトップ30の(学生人口によって)町および都市の寮を購入します。この際、最大の借り入れは、購入額の33%までとして、リスクを抑えます。この学生寮から入る家賃収入が柱となる収益源となります。また、それらの寮の位置、需給およびレンタルの可能性が最も大きい選択的な場所に注目することにより、キャピタルゲイン(値上がり益)もねらいます。寮の取得にあたっては、外部の独立した評価から10%のディスカウントされた学生寮を取得することを追及することによって、キャピタルゲインを狙います。2010年30.13%の高利回りを得ましたが、こうした理由からです。


学生寮へ投資には安定的家賃収入があります。かつ、今後の成長が見込まれています。その理由は以下の4つです。

①2009年8月から2010年8月までに高等教育を受ける学生の数が4%増えています。
②現在のトレンドから、英国において2014年までに学生の数はおよそ300万人にのぼると予想されます。
③2009年度には外国人留学生の数が10%程度増え、そして2010年8月には英国の大学における全学生の15%を外国人留学生が占めています。
④大学院生の数は全学生人口の23.2%を占めており、その割合は大きくなっています。

例えば、新興国の金持ち層(会社経営者から政治家等まで幅広く)は子供達に高度な教育をさせたいと考えています。その際、自国での教育システムでは不十分ですから、英語を学ぶことも含めイギリスの大学で教育をさせます。中国、インド等から多くの留学生がやってきます。年々、外国人留学生が増えているのはこのような背景からです。彼らにとっては、大学とパッケージになった寮生活は必須であり、高額な費用でも金持ち層にとっては安いものです。今後も、この傾向は続くと考えられます。このファンドはできるだけ外国人留学生の寮を狙って投資をしています。

以上から、英国において、学生寮の需要は今後も増加していくものと予想されており、学生寮への投資は比較的安定的なインカム収入と資産の増価が期待されています。



海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

IMFが今後の世界経済見通しを発表+海外ファンド研究

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

IMFが今後の世界経済見通しを発表


IMF(国際通貨基金)は1月24日に今後の世界経済見通しを発表しました。

それによりますと、「ユーロ圏における緊張の高まりと他地域の脆弱さが世界経済の回復を脅かしている」ことなどを背景に、2012年の世界の成長率予想を3.3%(9月時点4.0%) 2013年を3.9%(同4. 5%)としました。

IMFは今回の見通しの前提として、「ユーロ圏の政策当局者が欧州財政危機対応の努力を強化すること」を挙げています。欧州債務危機を「最も差し迫った政治的課題」としています。

そのユーロ圏については、国債利回りの上昇、金融機関による貸し渋り、そして、各国が緊縮財政を進めることから、2012年は「緩やかな景気後退局面(リセッション)」に入る可能性があるとし、同年の成長見通しを+1.1%から-0.5%に引き下げています。

また、先進国は、ユーロ圏の影響を受けることから、2012年~2013年の成長率を平均1.5%と予想しています。

新興国については、2012年の成長予測は5.4%、2013年は5.9%と9月時点の予測から下方修正しています。アジアについても、下方修正となりましたが、世界の中でも最も急速な成長を見せる地域であるとの見通しは継続しています。

一方、米国については、2012年の成長予測を据え置きました。米国の成長は底堅そうです。

このように見てみますと、IMFの見方では、世界経済、今後やや成長率は鈍化するものの成長自体は持続するとみていいでしょう。やや明るさが見えはじめた米国経済の今後の成長と欧州債務問題の解決の道筋がでてくることを期待したいですね。


海外ファンド研究


「償還時元本保証ヘッジファンド」

募集要項

1. 運用運営会社:大手運用会社
2. 申し込み期間:2011年2月27日から4月23日まで
3. 申し込み可能な通貨:米ドル、ユーロ 
4. 最低申込金額: 500万円相当額の米ドルもしくはユーロ
5. 満期償還日: 11年後
6. 満期時元本保証: あり 
7. 年平均複利利回り: 12.9%( 1990年12月20日から2010年10月31日まで)
8. 購入手数料:0%
9. 早期解約手数料:最大4% (保有期間により逓減)

注)実務上、申込依頼の締め切りは、4月15日頃になります。


1.概要

株式、債券といった伝統的運用資産との低い相関性をもち、優れた運用実績、高度な分散効果、及び市場下落時の保険効果を備えた運用戦略に大手銀行による償還時元本保証された投資機会が提供されます。

ファンド自体は実績あるヘッジファンドで運用します。そして、ファンドには大手銀行が満期時に元本を保証します。今回、元本保証型で元本を保証するのは、世界的大手金融機関(格付ムーディーズ:Aa3、S&P:A+、フィッチ:A+/ 全て2011年7月20日現在)です。


2.ヘッジファンドの運用について

 運用手法は、マネージド・フューチャーズです。これは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる投資手法です。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。従って、下げトレンドにおいても、利益を出せるわけです。

コンピューターを駆使した高度な取引システムですので、損切りもすばやく対処し、総合的に収益を出します。
この運用は、投資対象がかなり多く、しかも様々なセクターへ分散投資されている商品です。投資機会をとらえ、分散により安定運用を実現しているといえます。

このファンドは、次のとおり、危機に強い成績を残しているのが特徴です。
 
(危機の内容、期間、本ファンドの実績、世界株の実績の順に表示)
①ロシア危機、LTCM破綻: 1998年8月1日~1998年9月30日 20.3%上昇 14.2%下落
②株式下落マーケット: 2000年9月1日~2003年3月31日 75.3% 上昇 47.9%下落
③サブプライム問題後: 2007年7月1日~2008年11月30日 34.3% 上昇 42.5%下落

サブプライム問題後(2007年7月)から、2012年1月30日までの成績は、31%上昇で、危機に強い運用となっています。


3.過去に募集されたファンドの実績について

今回、募集されるファンドはシリーズの2番目となります。シリーズ1番目は1990年から運用が開始されており、これまでの過去の運用実績は、設定来のリターンが1156%と21年で約12倍になっており、世界株式の149%、世界債券の293%を大きく上回っています。また、最大下落率も世界株式の半分以下の21.1%となっています。
        
このファンドは、マーケットの上昇、下降にかかわらず分散投資を行いながら絶対的リターンを目指すファンドです。つまり、マーケットの状況に対応した運用を行いますから、今後の不透明な状況を乗り切っていくためにも、このようなプロの運用力を活用いただくことができます。また、元本保証型は償還時に大手銀行が元本を保証してくれますから、より安心して中長期での運用が可能となります。


リスクについて

このファンドは、償還時まで運用する場合、ファンド価値の下落(運用がうまくいかない)リスクは大手銀行が元本を保証しているため基本的にありません。但し、償還時における為替変動のリスクがあります。



海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

日本は31年ぶりの貿易赤字+海外ファンド研究

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

日本は31年ぶりの貿易赤字

財務省が1月25日発表した貿易統計速報(通関ベース)によりますと、2011年の日本の貿易収支は2兆4927億円の赤字と、通年では31年ぶりのマイナスに転落しました。その主な要因としては、欧州債務問題等による世界経済の減速や東日本大震災、歴史的な円高などを背景に輸出が減少した一方、原子力発電を代替する火力発電向け液化天然ガスや原油などの輸入が急増したことによるものです。特に12月は2051億円の赤字で、赤字は3カ月連続となっています。

これを一時的とみるか、今後、継続的に赤字が続くのかは議論が分かれるところですが、ここは赤字が続くことを想定して今後の対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

貿易赤字が継続・拡大し日本が経常赤字になった場合には、日本の国内における国債による資金調達が難しくなります。そうなれば、日本国債への懸念から国債価格の暴落(金利上昇)、そして、円が売られる可能性があります。

そうなれば日本国債への投資はもはや安全とはいえなくなります。今後の貿易収支の状況は継続的に要注目です。

海外ファンド研究

元本保証 弱者救済 司法制度ファンド(LITIGATION FUNDING)

1. 申込期間  :5百万ポンドの資金が集まった時まで(現在募集中2/6時点)
2. 申込可能通貨:米ドル$、英ポンド£
3. 最低申込金額: $30,000 / £20,000 (注1)
4. 満期償還日 :あり 3年後(注2)
5. 元本保証  :あり(ファンド会社による)
6. 年換算確定配当: 12%(毎年9%で、満期時に配当金が9%)
7. 解 約   :満期まで不可
8. 手数料   :購入手数料なし
9. 勝訴ボーナス:勝訴時に投資額の20%

注1) 1口が$15,000 / £10,000で、申し込みは2口以上が必要
注2)投資した裁判が終了した場合、終了となる。配当は経過期間相当分の配当となる。

元本保証で且つ12%の配当が保証され、さらに勝訴時に投資額の20%のボーナスが出るファンドです。

英国では、契約違反や特許侵害等で裁判をして賠償金を相手(大企業等)から取りたいお金のない人、お金のない中小企業等の弱者がいます。でも、弱者は訴訟費用を払って裁判を起こすお金がないのです。 

そこに登場するのがこの弱者救済司法制度ファンドです。

その裁判費用を貸し出し、勝訴した場合に賠償金の一部をファンドが受け取る仕組みになっています。貸し出し案件は弁護士が訴訟内容を吟味し、8割程度勝訴できる見込みの訴訟案件への貸し出しとなります。もし、敗訴した場合でもファンドの資金が毀損しないように保険会社による保険をつけており、その仕組みから満期時に元本が保証されるのです。

このファンドは、1月26日英国のTimes誌に今後の新しい運用商品として紹介されています。分散投資の一商品として是非組み入れたいファンドですね。


海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。