スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ファンド研究 【T-ファンド】

海外ファンド研究 【T-ファンド】


先物を対象としてマーケットの状況に合わせて運用することで、マーケット環境に左右されない絶対的リターンを目指すファンドです。1994年からと長い実績があり、2009年には賞を受賞しました。


概要は以下の通りとなります。

1.運営会社:P社

2.申し込み期間: 月次 いつでも申込み可能

3.最低申込金額: USD 106,000 相当額から(手数料を除いた投資額が、USD100,000)

4.申し込み可能な通貨:アメリカドル、ユーロ、円、英国ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル

5.満期償還日:なし

6.元本保証なし

7.年率複利収益率(過去実績):(2013年4月30日現在速報値)
  21.85%(EUR)、21.80%(USD)、19.46%(日本円)、19.86%(CHF)、22.75%(GBP)、23.94%(AUD)

8.販売手数料(購入時):5%

9.解約手数料:NAV(実勢価格)の1%



<最近の運用状況>

 これまでの過去の実績で年換算収益率20%台前後を誇るファンドです。ここ数年、米国景気の景気回復の遅さ、欧州債務問題の再燃、中国の景気減速などの影響からマーケットが不安定な動きとなっていることから、このファンドの運用も上げ下げを繰り返す動きとなっていましたが、今年は年初から4月までの実績は、13.09%(豪ドル建て、速報値)と比較的順調に推移しています。

このファンドの強みはマーケット全体が値下がりしたときにもプラスのリターンを上げており、下がれば下がるほどプラスのリターンが大きくなる傾向があります。

つまり、危機時に強みを発揮することが期待できるファンドです。もちろん危機時のみならず、マーケット全体として上昇トレンドの場合でも、ファンド価値の上昇が期待できます。


<ファンド概要>

最低申込は、USD106,000相当以上です。ファンド会社への購入時手数料が5%で、AML手数料(マネーロンダリング防止に伴う事務手数料) として、USD150かかります。

解約時は、ファンド会社へ1%の手数料の支払いが必要です。

ファンド籍は、ケイマン島です。

会計監査人は、世界四大監査法人の一つPrice water house Coopersです。

運用手法は、世界の先物市場に分散して投資しトレンドフォロー手法で投資します。

下げと見たら、売りから入り下がれば下がるほど利益がでる仕組みになっています。上昇時も同じ仕組みで利益をだします。


<実績>

豪ドル建を例に以下説明します。

1994年1月から2013年4月30日までに年平均利回り運用実績は、23.94%%です。

19年4カ月で約63倍となっています。1,000万円の投資をすれば19年4カ月後に約6億3千万円になったということです(複利効果)。

驚くべき点は、世界経済が大荒れとなりました2008年1月から10月末までの間、このファンドの価値は47.55%上昇しました。株の大暴落の最中の10月(リーマンショック)単月では、14.03%の上昇でした。


前回の金融危機1年間の他のマーケットとの比較は以下のとおりです。

2007年11月から2008年10月までの成績の比較

 日経平均:45%のダウン
 ニューヨークダウ:32%のダウン
 T-ファンド:39%の上昇

もし、1000万円を投資していると日経平均は、550万円に減り、T-ファンドは、1390万円となります。3倍近い運用成績の差がでます。

2005年からの年次の実績(豪ドル建て)は以下の通りとなります。

T-ファンド実績_convert_20130504130951


<運用方法>

運用がマネージド・フューチャーズのファンドです。

マネージド・フューチャーズとは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる運用手法を使用しています。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。従って、下げトレンドにおいても、利益を出せるわけです。


弱点は、リターンも大きい代りに、ボラティリティーが高い(月別の変動が大きく)事です。これを十分に承知にした上での投資が必要です。 しかし、株などと比べればはるかに安定しています。また、トレンドの変わり目や、トレンドの出ないときは、あまり利益を出せません。

このような危機時に強いファンドを資産の一部に組み入れることで、より安定した運用が可能になりますね。


このように高い安定性と実績をもつファンドですが、いうまでもなく、この実績が将来も続く保証はありません。中長期運用を前提としていただき、定期的に運用状況をチェックしながら、継続するか、解約するかの判断は投資家自身で行うことが重要となります。


ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)



海外ファンド研究会
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド研究  Tファンド

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド研究  Tファンド

今回の海外ファンド研究は、マーケットが下落時でも利益を上げることが可能な長年の運用実績あるファンドです。

1.運営会社   : P社
2.申し込み期間 : 月次 いつでも申込み可能
3.最低申込金額 : USD 106,000 相当額から(手数料を除いた投資額が、USD100,000)
4.申し込み可能な通貨:アメリカドル、ユーロ、円、英国ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、中国元
5.満期償還日  : なし
6.元本保証   : なし
7.年率複利収益率(過去実績):(2012年11月16日現在)
 21.67%(EUR)、21.60%(USD)、19.19%(日本円)、19.64%(CHF)、22.60%(GBP)、23.73%(AUD)
8.販売手数料(購入時):5%
9.解約手数料  : NAV(実勢価格)の1%


<ファンドの特徴>
 マネージド・フューチャーズで運用するファンドです。高い運用実績を誇るファンドで、豪ドル建てでは1994年1月から2012年11月16日までに年平均利回り運用実績は、23.73%%です。18年10カ月で約55倍となっています。1,000万円の投資をすれば、18年10カ月後に約5億5千万円になったということです(複利効果)

このファンドの特徴はマーケットの下落時に利益を上げている点です。

リーマンショックがあった2008年1月から10月末までの実績では、47.55%上昇しています。株の大暴落の最中の10月(リーマンショック)単月では、14.03%の上昇でした。
今回の一連の金融危機1年間の他のマーケットとの比較は以下のとおりです。

2007年11月から2008年10月までの成績の比較
日経平均:45%のダウン
ニューヨークダウ:32%のダウン
Tファンド:39%の上昇

もし、1000万円を投資していると日経平均は、550万円に減り、Tファンドは、1390万円となります。

最低申込は、USD106,000相当以上です。ファンド会社への購入時手数料が5%で、AML手数料(マネーロンダリング防止に伴う事務手数料) として、USD150かかります。

解約時は、ファンド会社へ1%の手数料の支払いが必要です。

ファンド籍は、ケイマン島です。

会計監査人は、世界四大監査法人の一つPrice water house Coopersです。

運用手法は、世界の先物市場に分散して投資し、トレンドフォロー手法で投資します。
下げと見たら、売りから入り、下がれば下がるほど利益がでる仕組みになっています。上昇時も同じ仕組みで利益をだします。

<運用方法>
運用がマネージド・フューチャーズのファンドです。マネージド・フューチャーズとは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる運用手法を使用しています。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。従って、下げトレンドにおいても、利益を出せるわけです。マーケットの不安定な状況が予想される今、絶好な投資チャンスです。

弱点は、リターンも大きい代りに、ボラティリティーが高い(月別の変動が大きい)事です。これを十分に承知にした上での投資が必要です。 しかし、株などと比べればはるかに安定しています。また、トレンドの変わり目や、トレンドの出ないときは、あまり利益を出せません。短期的ではなく長期的な運用によって株式よりは安定的に運用可能なファンドだといえるでしょう。

リスクは比較的高めですが、株式で運用することを考えれば、リスクは相対的に低めになります。分散投資を行いながら、マーケットのトレンドを捉えて運用していく、長いつきあいができるファンドの一つだといえますね。


海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド研究 安定運用の「Sファンド」

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


海外ファンド研究 安定運用の「Sファンド」



1. 申し込み期間  : 月次 
2. 最低申込金額  : USD 75,000相当額 (追加はUSD 30,000相当単位)
3. 申し込み可能な通貨 : 米ドル、ユーロ、英ポンド
4. 満期償還日 : なし
5. 元本保証 : なし
6. 年換算収益率 : 7.75% (米ドル建、2005年9月~2011年12月)
7. リスク(標準偏差) : 5%程度
8. 申込手数料(購入時) : 5%


<ファンド概要>

 「Sファンド」は、運用で定評ある大手運用会社BC社が運用する機関投資家向けファンド「Aファンド」へ直接投資して運用する個人向けファンドです。A Fundは、様々な運用手法を組み合わせて運用するローリスクでミドルリターンの実績あるファンドで機関投資家の運用に利用されています。


<会社説明>

 このファンドの運営会社は、2002年に英国で設立され、運用資産額 約4億3500万ドル(約350億円)を運用する会社です。10人のパートナーによって管理・運営されているパートナーシップ制の会社です(パートナーシップ制とは、無限責任をもつ経営者による経営で顧客への明確な責任体制を確立しています)。
 英国のFSA(Financial Services Authority)の監督下で運用を行っています。


 B社

 B社は2000年に設立され、厳しいリスク管理と洗練された運用モデルと調査力を駆使し運用を行っています。機関投資家を中心に世界で約280億米ドル(約2兆3,000億円)を運用しています。パートナーシップ制の会社でSEC(米国)、FSA(英国)、GFSC(独)の監督のもと運用を行っています。

<運用について>

 A Fund  

 このファンドは機関投資家向けファンド「A Fund」へ投資して運用を行うファンドです。A Fundの運用は、 様々な運用手法を組み合わせて運用を行うマルチストラテジーファンドです。運用手法同士は相関が低い手法を組み合わせることからリスク、いわゆる収益のブレ、変動を低く抑えながら安定した運用を行っているのが特徴です。          
 このファンドは、2005年に運用が開始され運用資産額は約73億米ドル(約6,000億円)です。資産配分は配分委員会により月次に見直しをしています。10~15%程度のリターン、6~8%程度のリスク(変動率)を目標として運用するファンドです。


このファンドの運用実績の特長は大きく3つです。

① 金融危機に強い

② 債券よりも変動が小さい安定運用

③ 株式・債券を大きく上回る運用実績


過去の実績は金融危機時にプラスのリターンをあげています。

 特に2007年7月1日~2009年2月28日までの金融危機時には、世界の株価が-53.14%と大きく値下がりしたのに対し、A Fundは、+18.37%とプラスのリターンを上げています。また、2010年4月1日~2011年11月31日までの欧州債務問題では+3.64%とプラスのリターンをあげています。このように金融危機時に強いファンドだということがわかります。


更に、おおきな特長はリスク、つまり収益のブレが低いことです。上の図では年換算変動率が世界株式18.69%、世界債券7.4%なのに対し、A Fundは5.08%と世界債券よりも変動が小さい、安定運用のファンドなのです。


しかも、2005年9月~2011年11月までの期間のトータルリータンは、世界株式が-0.85%、世界債券が+2.91%なのに対し、A Fundは+80.43%と大きく差をつけていることがわかります。


つまり、変動を小さく、金融危機時のおいても安定した運用を行い、ほぼ着実に収益を積み上げていくことで資産の増価をめざすファンドなのです。


S Fund

 S Fundは、上記、A Fundで運用する個人向けファンドです。運用実績は、2011年12月までの運用では、累積リターンが59.46%、年換算収益率は7.75%です。平均月次リターンは0.62%、これまで約7割の月でプラスのリターンとなっています。月間の最大プラスリターンは+3.95%、一方、月間最大マイナスリターンは-4.11%となっています。

このように機関投資家向けのファンドを個人が利用できる点は個人投資家に新たな運用機会を与えてくれるファンドです。しかも、その内容が、金融危機時にも強く、安定した実績と比較的高いリターン実績をもつという点は、私たち個人投資家の将来の資産増価に寄与してくれることが期待されるファンドだといえるでしょう。



海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

国内ファンドと主要株式市場と比較したら…

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
海外ファンド研究 国内ファンドと主要株式市場と比較したら…

7日の日経新聞の大きな見出しで

「世界主要市場 7割で株価 危機前回復」
「米緩和引き金、マネー流入」

とのタイトルが目に付きます。

実は、内容を読むと、ここで指す危機前とはリーマンショックを指していることが分かり、2008年9月と比較しての記事です。

この記事を見ると危機が去ったかの様なニュアンスにも取れてしまいます。 しかし、実際の危機の開始は2007年夏のサブプライムショックからです。 

過去の実績を見る場合は、必ず、この時期との比較が必要です。日本の金融機関、証券会社では2009年の成績や、リーマンショック直前との比較で、これだけ成績が良い実績のあるファンドであるからと、お勧めを受けることも多いかと思います。

しかし、出来るだけ、長い実績の提示を求め、絶対に2007年からの成績を見て、投資判断をする事が必要です。

日経新聞に載っています2010年9月17日時点の純資産高上位45本の投信の成績をみてみますと、騰落率の3年の欄では、全ての投信でマイナスとなっています。サブプライムショック前には、まだ全く、復活していないのです。国内の主要投信は全滅です。

では、アメリカ、日本、香港の株式市場で3年前と比較しみましょう。

まず、アメリカのNYダウです。

現在11,444ポイントまで復活していますが、3年前の2007年の9月18日は13,403ポントです。本当の高値はサブプライムショック前の14,000ポントあたりです。
3年の騰落率は14.6%のマイナスです。

日経平均はどうでしょうか?

現在9,906です。3年前の2007年の9月18日は15801ポントです。
5年間での高値はサブプライムショック前の2007年7月の18,000ポントあたりです。
ご存知のとおり、20年前につけた30,000ポイントをピークに下げトレンドとなっています。
3年の騰落率は37%のマイナスです。

香港ハンセン指数はどうでしょうか?

現時は24,876ポイントです。
2007年の9月18日は25,554ポントです。
本当の高値はサブプライムショック前の31,000ポントあたりです。
3年の騰落率は2.6%のマイナスです。 中国の成長を受け一番健闘していますが、まだ、マイナスです。

では、現在、当メルマガで度々ご紹介しておりますTファンド(円建て)はどうでしょうか?

2007年9月1日のファンド価値は、1264です。
最新の11月1日のファンド価値は、なんと、2458です。3年の騰落率94%の上昇です。1.94倍となったわけです。 しかも、円建てです。このTファンドの概要は以下のとおりです。さらなる説明は次回以降行いたいと思います。

商品名:T ファンド

● 運営会社:大手運用会社
● 申し込み期間: 月次 いつでも申込み可能
● 最低申込金額: USD 106,000 相当額から(手数料を除いた投資額が、USD100,000)
● 申し込み可能な通貨:アメリカドル、ユーロ、円、英国ポンド、スイスフラン、オーストラリアドル
● 満期償還日:なし
● 元本保証なし
● 年率複利収益率(過去実績):25.7%(EUR クラスB)
● 設定来総合収益率:+4000%(41倍)(1994年1月~2010年10月の約16年間)
● 販売手数料(購入時):5%
● 解約手数料:NAV(実勢価格)の1%


以上




○このファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

金融危機でも利益を出しているファンドがある

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
金融危機でも利益を出しているファンドがある


今回のサブプライムローン問題が発端となった金融危機、株価の値下がり等で私たち個人投資家の資産の多くが値下がりしてしまいました。中には6割も値下がりしたファンドもあり、今回の金融危機が個人投資家に与えた影響は非常に大きいものでした。このような大規模な金融危機ではありませんが、過去世界的にいくつかの金融危機がおこり、その度に株式市場は急激に値下がりしました。

過去の危機のときの株価の値下がりは以下のようになっています。

アジア通貨危機        (1997年10月1日~ 1997年10月31日) -6.2 %
ロシア危機およびLTCM 破綻  (1998年8月1日~ 1998年9月30日)   -14.2 %
ITバブル崩壊による株価下落期 (2000年4月1日~ 2003年3月31日) -47.8 %
世界的金融危機        (2007年7月1日~ 2009年8月31日) -33.1 %


このような危機の時に以下のような利益を出している海外ファンドあります。

アジア通貨危機        (1997年10月1日~ 1997年10月31日) 2.1% 
ロシア危機およびLTCM 破綻  (1998年8月1日~ 1998年9月30日) 20.3%
ITバブル崩壊による株価下落期 (2000年4月1日~ 2003年3月31日) 72.1%
世界的金融危機        (2007年7月1日~ 2009年8月31日) 15.9%

これはある海外ファンドの成績です。この商品はいわゆるヘッジファンドで、様々な種類の先物で運用しています。ですから、相場が下げていても利益を出すことができるのです。

海外ファンドというと、「危ないんじゃないか」とか「名のある金融機関が販売していないから危険」と思われているケースが多いのですが、上記の状況をみると、日本で販売されているファンドのほとんどが値下がりしている状況を考えると、どちらがあぶないかは一目瞭然です。

また、この海外ファンドを運用している会社は海外で上場しており、この会社が運用しているファンドは日本のある年金基金が利用しています。

実はこの海外ファンド、日本人個人でも購入することができるのです。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。