スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産運用の原則は、分散投資、長期投資

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

資産運用の原則は、分散投資、長期投資!


2011年はヘッジファンドにとって全体的に厳しい年となりました。米調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によれば、 HFRが算出する「ヘッジファンド総合指数」は昨年が約5%安。「リーマン・ショック」に見舞われた2008年以来、3年ぶりのマイナスを記録したとのことです。ヘッジファンドは絶対的リターンを目指す運用を行いますが、常にプラスのリターンを上げ続けることは至難の技であることがわかります。


つまり、プロが運用するヘッジファンドでさえ、うまくいかないことあることは、私たちに「常にうまくいく運用はない」といることを教えてくれます。


そのことを前提として、私たちは資産運用をどう考えればいいのでしょうか?


ここは資産運用の原点に帰ることです。それは、「分散投資」「長期投資」です。


分散投資のポイントは動きの異なる運用を組み合わせることで、分散の効果が高まることです。そうであるならば、私たちがやることは、「異なる運用のファンドを組み合わせること。」そして、長い目で運用を行うことにつきます。

うまくいっていないときこそ、原点に戻りましょう。

異なる運用のファンドとしては、以前、ご紹介しました。英国学生寮で運用するファンドも一つの方法です。株式や債券や商品といったマーケットの動きとは動きの異なる運用が期待でき、分散の効果が高まることは期待されます。

ちなみに、11月の実績は英ポンド建てで、+1.43%、12月は+1.21%と着実な運用となっています。2011年は年間で+14.2%となりました。もちろん、今後もこのような運用が続く保証はありませんが、分散投資の一つとしての価値はあるといえます。


ファンドの概要は以下の通りです。


【英国学生寮ファンド】

1.申込期間  :月次
2.申込可能通貨:英ポンド£、ユーロ€、米ドル$、シンガポールドルS$
3.最低申込金額:£10,000 / €10,000 / $15,000 / S$20,000  
(追加購入時は£ 3 ,000 / € 3,000 / $ 5,000/ S$6000 単位)※手数料別
4.満期償還日 :なし
5.元本保証  :なし
6.年換算複利利回り:26.55%(英ポンド2009年12月~2011年12月)
7.解 約   :月次解約可
8.手数料   :○前払い 購入時:5%  解約時:なし
※前払いは英ポンドのみ
         ○後払い 購入時:なし
         解約時 :1年以内の解約:5%、2年以内:4%、3年以内:3%、
4年以内:2%、5年以内:1%、5年超:なし


海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用に成功する方法とは2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
資産運用に成功する方法とは2                
             
 リスクをつかむにはどうしたらいいのか。それは簡単、販売している人に尋ねることである。(法令上はリスクの説明はしなければならないが、リスクの説明を強調すると買う人がいなくなるので、詳しく説明されることは多くない。また、販売者でもリスクを十分に理解していないことも多々あるので、資料に目を通し、細かく尋ねることになる。)

リスクの問題は、金融工学の研究の一つの分野であり、その中から生まれたのがサブプライムローン証券化商品である。この商品はリスクを分散することによって、全体のリスクを小さくする証券化商品だったのですが、リスクが分散されていることと、スクがないことが同一視されたような状況になってしまっていた。もちろんリスクはあるのだが(後になって注目されたが…)、投資家が投資する段階では、リスクへの所在と大きさが軽視されたことにより、これほどの大問題になってしまったといえる。
その点、リスクを軽視することの怖さを今回の金融危機は、私たちに教えてくれました。

しかし、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、いずれ、マーケット環境が良くなってくると、リスクを軽視し、利益を求める風潮になり、その後、株価値下がりといったマーケット環境の悪化で、それまでの利益を吹き飛ばしてしまうことになる。

過去何度も同じようなことを繰り返してきていて、「市場は上がったり、下がったりする。」もしくは、「市場は上がり続けることもなければ、下がり続けることもない」という基本的なことを意識していれば、ある程度防ぐことができますが、できている人はそう多くない。

上がっているときには、もっと上がるだろうと思い。下がっているときにはもっと下がると思ってしまう。市場は人間の心理と逆に動くところが資産運用の難しいところであり、逆に、もっと冷静にみて、戦略をたてれば、少なくとも大きく失敗することはないのである。

このリスクを小さくしがらも、着実に資産運用していくことは、個人投資家でははっきりいって難しい。ではとうしたらいいのか...

その方法は、自分自身で判断しながらも、プロの力を借りることで、より着実に、より早く資産を増やせることができるのである。

次回から、プロの運用力について説明します。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用に成功する方法とは

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
資産運用に成功する方法とは

資産運用に成功する方法とは何か?それは、「資産運用に失敗しないこと」である。多くの投資家が「次はどのマーケットが上がりそうか」「どのファンドで運用したらよいか」といった資産を増やすことにばかり注目するが、実は資産運用の本質は、そうではなく、「どのようにしたら失敗をしないか、失敗した場合(予想と反対のことが起こった場合)でもどの位その損失を最小限に抑えられるか」に注目すべきである。その考えが基本にあって、その次にどのマーケット、どの商品で運用していくのかを考えるべきなのです。

 その理由は、資産運用は将来の値動きが確実でない商品に投資して利益を得る作業であること。そして、その作業が長期間に及ぶからである。

いいかえれば、資産運用は、リスク(元本が減ったり、増えたりすること)をとってリターン(利益)を取りにいく作業である。つまり、不確実なことに対して、投資をすることにより、その見返りとしてリターンが得られるのである。決して、安全確実なものではないのである。

 よくあるパターンが、資産運用してある時期は資産が増えるが、その後マーケットの急落などで損失を出し結局は増えていない…しかも、そのような状況を何回も繰り返している…など…そのような方は非常に多いのです。

長期的に着実に資産を増やしていくためには、ます、どこにどのようなリスクがあるのかを理解し、そのリスクを小さくし、中長期的な大きな流れを捉えることによって実現することができます。(具体的方法について、これから、少しずつ説明していきたいと思います。)

 そうなれば、資産運用で注目する点は、どのマーケットや商品で運用するのかを考える前に運用商品のどこにどのようなリスクがあるのかをつかみ、中長期的な方向性を捉えながら、分散して運用することがより重要になってくる。
そのリスクをつかむにはどうしたらいいのか。それは次回…

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
その理由については次回以降でお話していきたいと思います。
是非ともお楽しみに!!
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。