スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッジファンドの魅力とは

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの魅力とは     

これまでご紹介しましたヘッジファンドの運用手法をみてもおわかりの通り、ヘッジファンドとは一般的に思われているハイリスク・ハイリターンの商品というイメージとは異なり、リスクを抑えつつ、安定的な収益を上げようとしているファンドであることがわかります。

言い換えれば、安定的に資産を増やしたいと考えるのであれば、株式や商品やFXではなく、ヘッジファンドで運用する方がいいということになります。
 
ヘッジファンドの魅力はリスクを抑えつつ安定的な収益を上げることを目的としているという点の他にもう一つあります。

 それは、これまでの株式、債券といった昔から運用の対象となっている金融商品との相関性が低いことがあげられます。
つまり、株式や債券とは異なる動きをする傾向があるということです。


 異なる動きをするとどういうメリットがあるかといいますと、ヘッジファンドを組み込むことによって、株式や債券だけで運用するよりも、資産の評価価値の変動が小さくなります。つまり、リスクが低減される効果があります。

 近年、年金基金といった大きな資金を運用する機関投資家がヘッジファンドを資産運用の一部に組み込むようになった理由の一つが、これまでの運用商品との相関性の低さによるリスク低減効果を期待するからだといえるでしょう。


私たち個人投資家もヘッジファンドを資産運用の一部として組み込むことはリスク低減という意味からも必要だといえます。


しかも、最近は個人でも気軽に購入できるようになっていますから…


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その6

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その6
前回は、株式マーケットニュートラルをご紹介しましたが、今回は、アービトラージです。

アービトラージとは、「裁定取引」や「サヤ取り」と呼ばれる運用手法です。
複数の投資対象間(株式・債券など)の価格差に着目し、収益獲得を狙う手法です。
割安な転換社債を購入し、発行体企業の株式を空売りする転換社債アービトラージなどの手法があります。


例えば、転換社債アービトラージの場合、転換社債とは、ある株価で株式に転換できる権利がついている社債です
。株式に転換する場合の株価のことを転換価格といい、転換社債の保有者は、発行体企業の株価が転換価格よりも
下で推移している場合には債券のまま保有でき、株価が転換価格よりも上で推移している場合には株式に転換して、
売却することにより、社債に比べて大きな利益を得ることができます。


転換社債アービトラージは、例えば、転換価格1,000円のA社発行の転換社債があった場合、A社の株価が1500円で
推移しているような場合に、A社の株式を1,500円で空売りし、同時に、転換社債を購入します。これにより、
ほぼ確実に500円のサヤがとれることになります。


このようにアービトラージは価格差をとる取引であるため、相対的にリスクが小さい運用手法だといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みください。申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その5

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その5

前回は、イベント・ドリブンをご紹介しましたが、今回は、株式マーケットニュートラルです。

株式マーケットニュートラルとは、同業種の個別銘柄間などにおける価格差のカイリに着目し、収益獲得を狙う手法です。
割安な銘柄を購入し、割高な銘柄を同額空売りすることで、株式市場全体(マーケット)の価格変動リスクを中立
(ニュートラル)に保ちながら、銘柄間の価格差のカイリが修正された時点で反対売買を行い、収益を獲得します。

同じような手法では、株式ロング・ショートがありますが、株式ロング・ショートと株式マーケットニュートラルとの
違いは、その名の通り、株式ロング・ショートが値上がりしそうな銘柄を購入し、値下がりしそうな銘柄を空売りし、
その比率は株式相場の見通しによって変化しますが、株式マーケットニュートラルの場合には、株式市場全体の
変動リスクを中立(マーケットニュートラル)にしながら、個別銘柄の価格差を捉えていこうとすることが主眼に
なっているため、購入・空売りの銘柄も同業種の中で、しかも同じ金額で行っていくところがその違いになります。

例えば、パナソニックを1000万円購入したら、ソニーを1000万円空売りするというような取引を行うイメージです。

市場全体の変動リスクを中立にし、個別銘柄の売りと買いを同時に行うことから、リスクとしては、相対的に低くなる
手法だといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みくださいおお申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その3

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その3

前回は、マネージド・フューチャーズをご紹介しましたが、今回は、株式ロング・ショートです。

株式ロング・ショートとは、株式の個別銘柄において、相対的に値上がりが期待できる銘柄を買い(「ロング」といいます。)
逆に値下がりが期待できそうな銘柄を空売り(「ショート」といいます。)する戦略です。この戦略は市場全体の動きによる影響を抑えつつ、収益を捉える手法です。株式相場の見通しによって、買いと売りの比率を増減する運用をしているため、相対的にリスクは高くなります。


例えば、通常の株式投資では、今後、業績が良くなりそうな銘柄を選び、その銘柄に投資するだけですが、株式ロング・ショートの場合には、それだけでなく、今後、業績が悪くなりそうな銘柄を選び、その銘柄を空売り(株式を他から借りて、売りから入り、下がったところで買い戻し、株式を返す方法)することにより、個別銘柄の上昇、下降両方で利益を捉えます。

通常の株式投資の場合、個別銘柄の要因だけではなく、株式市場全体が上昇すると個別株式も上昇し利益を得られる場合が多い反面、市場全体が下がるとマイナスになる場合が多くなりますが、この株式ロング・ショートの場合には、値下がりしても利益が狙える空売り(ショート)も行っているため、市場全体の動きに投資収益がそれほど影響を受けにくくなるのが特徴です。

ヘッジファンドではよく使われている手法であり、市場全体の動きによる影響を避けるという点では「ヘッジ」そのものの戦略だといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みください⇒お申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ヘッジファンドの運用手法を知る その2                  

ヘッジファンドの運用手法の解説のその2です。

前回は、グローバル・マクロをご紹介しましたが、今回はマネージド・フューチャーズです。

マネージド・フューチャーズとは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場において、買建・売建によりコンピューターを駆使した高度な取引システムを利用して運用します。自己資金以上の取引をおこって(レバレッジ)運用するためリスクはヘッジファンドの他の運用手法に比べ相対的に高い手法です。

マネージド・フューチャーズの中でも代表的戦略は、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、「トレンド・フォロー」と呼ばれる手法です。

また、その他にも、流動性が極めて高い先物市場において短期的な収益機会を追求する短期売買システム運用や、トレンド反転型コントラリアン(逆バリ)型、平均回帰型などの各種運用戦略があります。投資の意思決定は、その多くが、通常はテクニカル(価格に基づいた)分析に基づいたシステム運用を採用しています。

以前、ご紹介した金融危機でもプラスの利益を上げたファンドはこのマネージド・フューチャーズの運用手法で行われています。

その中でもトレンド・フォロー型になります。

トレンド・フォロー型の場合、上昇のトレンドの場合には買いのポジションを持ち、下降トレンドの場合には売りのポジションを持つことになるため、マーケットが上昇している場合はもちろん、下降している場合でも収益を上げることができるのが特長です。
今回の金融危機でプラスの運用収益になったのも、下降トレンドと判断し、売りのポジションを持っていたことで収益を上げています。

このトレンド・フォロー型ですが、収益がマイナスになるときはいつか。それは、トレンドが変わるときになります。
上昇トレンドから下降トレンドへ、もしくは下降トレンドから上昇トレンドへ変わる場合、それぞれ、持っているポジションとは逆の動きになるため、そこで、マイナスになってしまうのです。
しかし、その後、トレンドが変わったと判断し、現在のトレンドに沿ったポジションを持つことになり、再度、運用収益が改善していくことになります。

ですから、運用成績が悪くなったとしても、あまり気にせず、しばらく様子を見ることが大事になってきます。まさに中長期投資のファンド、時間をかけて着実に増やしていくファンドだといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。