スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッジファンドの運用手法を知る その6

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その6
前回は、株式マーケットニュートラルをご紹介しましたが、今回は、アービトラージです。

アービトラージとは、「裁定取引」や「サヤ取り」と呼ばれる運用手法です。
複数の投資対象間(株式・債券など)の価格差に着目し、収益獲得を狙う手法です。
割安な転換社債を購入し、発行体企業の株式を空売りする転換社債アービトラージなどの手法があります。


例えば、転換社債アービトラージの場合、転換社債とは、ある株価で株式に転換できる権利がついている社債です
。株式に転換する場合の株価のことを転換価格といい、転換社債の保有者は、発行体企業の株価が転換価格よりも
下で推移している場合には債券のまま保有でき、株価が転換価格よりも上で推移している場合には株式に転換して、
売却することにより、社債に比べて大きな利益を得ることができます。


転換社債アービトラージは、例えば、転換価格1,000円のA社発行の転換社債があった場合、A社の株価が1500円で
推移しているような場合に、A社の株式を1,500円で空売りし、同時に、転換社債を購入します。これにより、
ほぼ確実に500円のサヤがとれることになります。


このようにアービトラージは価格差をとる取引であるため、相対的にリスクが小さい運用手法だといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みください。申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その5

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その5

前回は、イベント・ドリブンをご紹介しましたが、今回は、株式マーケットニュートラルです。

株式マーケットニュートラルとは、同業種の個別銘柄間などにおける価格差のカイリに着目し、収益獲得を狙う手法です。
割安な銘柄を購入し、割高な銘柄を同額空売りすることで、株式市場全体(マーケット)の価格変動リスクを中立
(ニュートラル)に保ちながら、銘柄間の価格差のカイリが修正された時点で反対売買を行い、収益を獲得します。

同じような手法では、株式ロング・ショートがありますが、株式ロング・ショートと株式マーケットニュートラルとの
違いは、その名の通り、株式ロング・ショートが値上がりしそうな銘柄を購入し、値下がりしそうな銘柄を空売りし、
その比率は株式相場の見通しによって変化しますが、株式マーケットニュートラルの場合には、株式市場全体の
変動リスクを中立(マーケットニュートラル)にしながら、個別銘柄の価格差を捉えていこうとすることが主眼に
なっているため、購入・空売りの銘柄も同業種の中で、しかも同じ金額で行っていくところがその違いになります。

例えば、パナソニックを1000万円購入したら、ソニーを1000万円空売りするというような取引を行うイメージです。

市場全体の変動リスクを中立にし、個別銘柄の売りと買いを同時に行うことから、リスクとしては、相対的に低くなる
手法だといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みくださいおお申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その4

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その4                       

前回は、株式ロング・ショートをご紹介しましたが、今回は、イベント・ドリブンです。

イベント・ドリブンとは、企業の買収や合併などの企業に関するイベントによる株価の変動を捉えようとする運用手法です。
企業の買収や合併により値上がりが予想される銘柄を買い、逆に値下がりが予想される銘柄を空売りする方法などがあります。


例えば、A社とB社が1対1の割合で合併することになった場合、その時のA社の株価が2,000円、B社の株価が1,000円だったとすると、将来合併することにより、株価は同じになりますから、A社の株価は値下がりする可能性があり、逆にB社の株価は値上がりする可能性があります。この時、A社の株式を空売りし、B社の株式を買うことにより、ほぼ確実に利益を得ることができます。


このように企業の経営に関する様々なイベントを契機に発生する収益機会を捉えていこうとするのがイベント・ドリブン型の特徴です。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みくださいおお申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
お年玉キャンペーン!!
12月のプラザ・レポート(税込8,400円)をご希望の方全員にプレゼント(無料)!!

お申込みはコチラ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・レポート概要1プラザ・レポート概要2プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その3

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その3

前回は、マネージド・フューチャーズをご紹介しましたが、今回は、株式ロング・ショートです。

株式ロング・ショートとは、株式の個別銘柄において、相対的に値上がりが期待できる銘柄を買い(「ロング」といいます。)
逆に値下がりが期待できそうな銘柄を空売り(「ショート」といいます。)する戦略です。この戦略は市場全体の動きによる影響を抑えつつ、収益を捉える手法です。株式相場の見通しによって、買いと売りの比率を増減する運用をしているため、相対的にリスクは高くなります。


例えば、通常の株式投資では、今後、業績が良くなりそうな銘柄を選び、その銘柄に投資するだけですが、株式ロング・ショートの場合には、それだけでなく、今後、業績が悪くなりそうな銘柄を選び、その銘柄を空売り(株式を他から借りて、売りから入り、下がったところで買い戻し、株式を返す方法)することにより、個別銘柄の上昇、下降両方で利益を捉えます。

通常の株式投資の場合、個別銘柄の要因だけではなく、株式市場全体が上昇すると個別株式も上昇し利益を得られる場合が多い反面、市場全体が下がるとマイナスになる場合が多くなりますが、この株式ロング・ショートの場合には、値下がりしても利益が狙える空売り(ショート)も行っているため、市場全体の動きに投資収益がそれほど影響を受けにくくなるのが特徴です。

ヘッジファンドではよく使われている手法であり、市場全体の動きによる影響を避けるという点では「ヘッジ」そのものの戦略だといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みください⇒お申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ヘッジファンドの運用手法を知る その2                  

ヘッジファンドの運用手法の解説のその2です。

前回は、グローバル・マクロをご紹介しましたが、今回はマネージド・フューチャーズです。

マネージド・フューチャーズとは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場において、買建・売建によりコンピューターを駆使した高度な取引システムを利用して運用します。自己資金以上の取引をおこって(レバレッジ)運用するためリスクはヘッジファンドの他の運用手法に比べ相対的に高い手法です。

マネージド・フューチャーズの中でも代表的戦略は、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、「トレンド・フォロー」と呼ばれる手法です。

また、その他にも、流動性が極めて高い先物市場において短期的な収益機会を追求する短期売買システム運用や、トレンド反転型コントラリアン(逆バリ)型、平均回帰型などの各種運用戦略があります。投資の意思決定は、その多くが、通常はテクニカル(価格に基づいた)分析に基づいたシステム運用を採用しています。

以前、ご紹介した金融危機でもプラスの利益を上げたファンドはこのマネージド・フューチャーズの運用手法で行われています。

その中でもトレンド・フォロー型になります。

トレンド・フォロー型の場合、上昇のトレンドの場合には買いのポジションを持ち、下降トレンドの場合には売りのポジションを持つことになるため、マーケットが上昇している場合はもちろん、下降している場合でも収益を上げることができるのが特長です。
今回の金融危機でプラスの運用収益になったのも、下降トレンドと判断し、売りのポジションを持っていたことで収益を上げています。

このトレンド・フォロー型ですが、収益がマイナスになるときはいつか。それは、トレンドが変わるときになります。
上昇トレンドから下降トレンドへ、もしくは下降トレンドから上昇トレンドへ変わる場合、それぞれ、持っているポジションとは逆の動きになるため、そこで、マイナスになってしまうのです。
しかし、その後、トレンドが変わったと判断し、現在のトレンドに沿ったポジションを持つことになり、再度、運用収益が改善していくことになります。

ですから、運用成績が悪くなったとしても、あまり気にせず、しばらく様子を見ることが大事になってきます。まさに中長期投資のファンド、時間をかけて着実に増やしていくファンドだといえます。

海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供!ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの運用手法を知る その1

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの運用手法を知る その1  

ヘッジファンドにはいろいろな運用手法があります。

様々な運用手法の中で、1つの運用手法しかやっていないところもあれば、いくつもの手法を使って運用しているファンドもあります。また、自らそれらの運用手法を使って運用するのではなく、それぞれ違う運用手法で運用されているファンドへ投資して運用しているファンドもあります。

それぞれ呼び名があり、1つの運用手法で運用しているファンドを「シングル・ファンド」、いくつもの手法を使って運用しているファンドを「マルチストラテジー・ファンド」、それぞれ違う運用手法で運用されているファンドへ投資して運用しているファンドを「ファンド・オブ・ファンズ」と呼んでいます。

これらの名前も説明資料に出てきますから、ぜひ覚えておきましょう。

ヘッジファンドの主な運用手法をご紹介します。これは、ヘッジファンドがどういう運用で収益を上げるのかの説明資料を読むときの参考になります。

まず、「グローバル・マクロ」です。

グローバル・マクロとは、経済やファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)など市場間のひずみに着目し、株式・債券・通貨など様々な資産において、割安は資産を買い、割高な資産を売って収益をあげる手法です。借り入れ等を行い、自己のお金にプラスして(レバレッジ)運用を行うため、相対的にリスクは高くなります。

いいかえれば、経済の状況からみて、通貨や株式等が買われ過ぎていると判断した場合には売り。逆に売られ過ぎていると判断した場合には買うといった手法になります。

 みなさんはジョージ・ソロスという名を聞いたことがあると思います。彼のヘッジファンドが主に行っていた運用手法です。

その他の運用手法については次回…


ファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドとは何か-ヘッジファンドとは?1

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドとは何か-ヘッジファンドとは?1

たまにテレビや新聞で「ヘッジファンド」という言葉を耳にしたり、目にしたりすることがありますが、そもそも「ヘッジファンド」とは何でしょうか?

ヘッジファンドとは、投資家からの資金に加え、金融機関からも資金を調達し、先物やオプション等のデリバティブを駆使して、レバレッジ(てこの原理)をはたらかせ、絶対的リターンを追及するファンドですが、その内容は様々で明確な定義があるわけではありません。

「ヘッジ」とは、一般的に「損失を回避すること」を意味しますが、その点からは、損失を回避しながら運用するファンドという意味になります。
 
以上から一つ言えることは、ヘッジファンドとは、様々な運用手法を駆使して、絶対的リターン、つまり、どのような環境にあろうとも常にプラスの収益を追及するファンドだといえるでしょう。


近年、海外はもとより国内の金融機関や年金基金などもヘッジファンドへの投資を行っています。

米国大学基金の資産総額上位15校の資産構成を見ると、運用資産総額に対するヘッジファンドへの投資配分が平均で10~15%となっており、ヘッジファンドは今や重要な投資対象として世界中の投資家に受け入れられているのです。
 
その点、日本の個人投資家にはまだまだ浸透しないことは、みなさんご存知の通りです。

ファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドにはどういうものがあるのか-2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドにはどういうものがあるのか-2

海外ファンドと国内ファンドの違いは、ヘッジファンドの数です。日本で販売されているファンドでもヘッジファンドはありますが、あまり知られていませんし、資産残高も多くありません。

なぜ、資産残高が増えないのか。その理由はいくつかありますが、大きな理由は、販売員が「売りにくい」からです。

日本国内でヘッジファンドを販売する場合、まず、販売員がその仕組みを理解する必要があります。その仕組みを理解できない販売員は売りません。また、販売員が理解できたとしても、顧客へうまく説明できない場合も多く、説明を受けた顧客は、説明を受けてもすぐには理解できず、すぐに購入には結びつかないからです。顧客にとっていいものがあったとしても、売りやすいものを売るのが日本の投信販売の現状ですから…

以前、ヘッジファンドを販売開始したある証券会社へ電話して質問したところ(その電話番号はヘッジファンド問い合わせ専用電話です。)、電話にでた担当者は、いくつかの質問にすぐには答えられませんでしたし、最後にはその上司もわからないことがありました。ヘッジファンド専用電話がこんな状況ですから、支店の販売員においてはもっと商品知識がないことは容易に想像できます。

商品内容を説明する人がこんな状況な訳ですから、ヘッジファンドで運用する場合、個人投資家である我々がもっと自分なりに勉強する必要があるのです。

そういう点では、このブログは海外ファンドについて学べる情報を提供していきますので、活用してください。

ファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドとは何か-ヘッジファンドとは?1

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドとは何か-ヘッジファンドとは?1

たまにテレビや新聞で「ヘッジファンド」という言葉を耳にしたり、目にしたりすることがありますが、そもそも「ヘッジファンド」とは何でしょうか?
ヘッジファンドとは、投資家からの資金に加え、金融機関からも資金を調達し、先物やオプション等のデリバティブを駆使して、レバレッジ(てこの原理)をはたらかせ、絶対的リターンを追及するファンドですが、その内容は様々で明確な定義があるわけではありません。
「ヘッジ」とは、一般的に「損失を回避すること」を意味しますが、その点からは、損失を回避しながら運用するファンドという意味になります。
 以上から一つ言えることは、ヘッジファンドとは、様々な運用手法を駆使して、絶対的リターン、つまり、どのような環境にあろうとも常にプラスの収益を追及するファンドだといえるでしょう。


近年、海外はもとより国内の金融機関や年金基金などもヘッジファンドへの投資を行っています。
 米国大学基金の資産総額上位15校の資産構成を見ると、運用資産総額に対するヘッジファンドへの投資配分が平均で10~15%となっており、ヘッジファンドは今や重要な投資対象として世界中の投資家に受け入れられているのです。
 その点、日本の個人投資家にはまだまだ浸透しないことは、みなさんご存知の通りです。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドにはどういうものがあるのか-2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドにはどういうものがあるのか-2 
                       
海外ファンドと国内ファンドの違いは、ヘッジファンドの数です。日本で販売されているファンドでもヘッジファンドはありますが、あまり知られていませんし、資産残高も多くありません。

なぜ、資産残高が増えないのか。その理由はいくつかありますが、大きな理由は、販売員が「売りにくい」からです。

日本国内でヘッジファンドを販売する場合、まず、販売員がその仕組みを理解する必要があります。その仕組みを理解できない販売員は売りません。また、販売員が理解できたとしても、顧客へうまく説明できない場合も多く、説明を受けた顧客は、説明を受けてもすぐには理解できず、すぐに購入には結びつかないからです。顧客にとっていいものがあったとしても、売りやすいものを売るのが日本の投信販売の現状ですから…

以前、ヘッジファンドを販売開始したある証券会社へ電話して質問したところ(その電話番号はヘッジファンド問い合わせ専用電話です。)、電話にでた担当者は、いくつかの質問にすぐには答えられませんでしたし、最後にはその上司もわからないことがありました。ヘッジファンド専用電話がこんな状況ですから、支店の販売員においてはもっと商品知識がないことは容易に想像できます。

商品内容を説明する人がこんな状況な訳ですから、ヘッジファンドで運用する場合、個人投資家である我々がもっと自分なりに勉強する必要があるのです。

そういう点では、このブログは海外ファンドについて学べる情報を提供していきますので、活用してください。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込みはコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドにはどういうものがあるのか その1

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドにはどういうものがあるのか その1

海外ファンドと一言でいってもその種類は様々です。日本で販売されている商品と何が違うのでしょうか。種類やカテゴリーについては、実は大きな違いはありません。

海外ファンドも日本で販売されているファンド同様、世界の株式に投資するファンド、新興国に投資するファンド、日本に投資するファンド、債券に投資するファンド、商品に投資するファンドがあります。

では、その違いは何か。それは、海外ファンドは世界の投資家に向けて販売されていることもあり、運用競争の中で生き残ったファンドが多い、つまり、実績があるファンドが多い点にあります。

日本の場合には、売りやすく、広い販売網で販売されるファンドが資産残高を増やすため、「資産残高が多いファンド」が必ずしも「実績のあるファンド」といえませんが、海外ファンドは基本的に実績で評価されますから、「資産残高が多いファンド」=「実績のあるファンド」の可能性が高いといえます。極端な話、歴史があって、今なお販売されているファンドは実績があるファンド、といえるのです。



このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

少額から海外ファンドは投資できる!

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
少額から海外ファンドを積み立てることができる 
                        
海外ファンドといえば、まとまったお金がないと投資できないと思っている方も多いのですが、実は少額から積み立てることもできます。
しかも選ぶことができるファンド数は約200本、その中から、積立対象のファンドを選んで、投資割合も自由に決めることができるのです。もちろん、今回の世界的金融危機でプラス15.9%の利益を上げたファンドも積み立てることもできます。
積立期間は最低5年から最大25年から選択でき、積立金額はクレジットカードで引き落しされます。
日本人の個人投資家もこの海外ファンドの積み立てを行うことは可能です。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

リスクをおさえつつ、すごい成績のファンドもある海外ファンド!

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
リスクをおさえつつ、すごい成績のファンドもある海外ファンド

このファンドは、1994年1月から2009年7月末までの年平均利回り運用実績は27%です。何と、約15年半で44倍となっています
300万円を投資すれば、複利効果で15年後に1億3200万円になります。
300万円をこのファンドで運用しさえすれば、老後は安泰!?とさえ考えることができるファンドです。(もちろん、運用成績は一定ではなく変動しますが…)

このファンドの驚くべき点は、世界経済は大荒れの中、今年、2008年1月から10月末まで41%上昇しているのです。「そんなに成績がいいのならリスクも大きいんじゃないか」と思いがちですが、このファンドのリスクは約26%なのです。(ここでいう「リスク」とは、値動きの変動率のことをいいます。)最も下がったところでも-22%程度です。日本の株価が半分以下(-50%以下)になったことを考えれば、リスクも大きくないといえます。

 しかも、このファンド、日本円で運用することができます。米ドルやユーロで運用するファンドが多い中、通貨の変動も抑えた運用をすることもできるのです。

このファンドは日本人の個人投資家も購入することができます。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドには元本保証ファンドもある

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

海外ファンドには元本保証ファンドもある

ある海外ファンドの成績です。

期間  年率複利収益率
設定来    16.0%
過去10年間 11.7%
過去5年間 11.4%
過去4年間 9.6%
過去3年間 9.9%
過去2年間 7.2%
過去12カ月間 0.6%
(1990年12月より2009年7月までの期間運用実績)

上記の運用成績を見ますと、リーマンショックがあったにもかかわらずプラスを維持しています。しかもこのファンド、なんと元本保証ファンドなのです。どうやって元本保証になっているのか? それは、大手銀行が元本を保証しているのです。しかもこの銀行、安全性・信用力を見る格付は、AA(ダブリューエー)と高い格付となっています。日本のメガバンクがA(シングルエー)ですから、日本のメガバンクよりも安全性・信用力に優れている銀行が元本を保証していることになります。

日本で販売されている商品にはないファンドです。このような海外ファンドと日本国内で販売されているファンドとでは、どちらが安全で、どちらが安定した運用が行われているは、やはり一目瞭然ですね。このような安定した運用を行っているファンドが海外にあることも知っておいて損はありません。実は、このファンドも日本人の個人投資家も購入することができます。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

金融危機でも利益を出しているファンドがある

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
金融危機でも利益を出しているファンドがある


今回のサブプライムローン問題が発端となった金融危機、株価の値下がり等で私たち個人投資家の資産の多くが値下がりしてしまいました。中には6割も値下がりしたファンドもあり、今回の金融危機が個人投資家に与えた影響は非常に大きいものでした。このような大規模な金融危機ではありませんが、過去世界的にいくつかの金融危機がおこり、その度に株式市場は急激に値下がりしました。

過去の危機のときの株価の値下がりは以下のようになっています。

アジア通貨危機        (1997年10月1日~ 1997年10月31日) -6.2 %
ロシア危機およびLTCM 破綻  (1998年8月1日~ 1998年9月30日)   -14.2 %
ITバブル崩壊による株価下落期 (2000年4月1日~ 2003年3月31日) -47.8 %
世界的金融危機        (2007年7月1日~ 2009年8月31日) -33.1 %


このような危機の時に以下のような利益を出している海外ファンドあります。

アジア通貨危機        (1997年10月1日~ 1997年10月31日) 2.1% 
ロシア危機およびLTCM 破綻  (1998年8月1日~ 1998年9月30日) 20.3%
ITバブル崩壊による株価下落期 (2000年4月1日~ 2003年3月31日) 72.1%
世界的金融危機        (2007年7月1日~ 2009年8月31日) 15.9%

これはある海外ファンドの成績です。この商品はいわゆるヘッジファンドで、様々な種類の先物で運用しています。ですから、相場が下げていても利益を出すことができるのです。

海外ファンドというと、「危ないんじゃないか」とか「名のある金融機関が販売していないから危険」と思われているケースが多いのですが、上記の状況をみると、日本で販売されているファンドのほとんどが値下がりしている状況を考えると、どちらがあぶないかは一目瞭然です。

また、この海外ファンドを運用している会社は海外で上場しており、この会社が運用しているファンドは日本のある年金基金が利用しています。

実はこの海外ファンド、日本人個人でも購入することができるのです。

このファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用に成功する方法とは2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
資産運用に成功する方法とは2                
             
 リスクをつかむにはどうしたらいいのか。それは簡単、販売している人に尋ねることである。(法令上はリスクの説明はしなければならないが、リスクの説明を強調すると買う人がいなくなるので、詳しく説明されることは多くない。また、販売者でもリスクを十分に理解していないことも多々あるので、資料に目を通し、細かく尋ねることになる。)

リスクの問題は、金融工学の研究の一つの分野であり、その中から生まれたのがサブプライムローン証券化商品である。この商品はリスクを分散することによって、全体のリスクを小さくする証券化商品だったのですが、リスクが分散されていることと、スクがないことが同一視されたような状況になってしまっていた。もちろんリスクはあるのだが(後になって注目されたが…)、投資家が投資する段階では、リスクへの所在と大きさが軽視されたことにより、これほどの大問題になってしまったといえる。
その点、リスクを軽視することの怖さを今回の金融危機は、私たちに教えてくれました。

しかし、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、いずれ、マーケット環境が良くなってくると、リスクを軽視し、利益を求める風潮になり、その後、株価値下がりといったマーケット環境の悪化で、それまでの利益を吹き飛ばしてしまうことになる。

過去何度も同じようなことを繰り返してきていて、「市場は上がったり、下がったりする。」もしくは、「市場は上がり続けることもなければ、下がり続けることもない」という基本的なことを意識していれば、ある程度防ぐことができますが、できている人はそう多くない。

上がっているときには、もっと上がるだろうと思い。下がっているときにはもっと下がると思ってしまう。市場は人間の心理と逆に動くところが資産運用の難しいところであり、逆に、もっと冷静にみて、戦略をたてれば、少なくとも大きく失敗することはないのである。

このリスクを小さくしがらも、着実に資産運用していくことは、個人投資家でははっきりいって難しい。ではとうしたらいいのか...

その方法は、自分自身で判断しながらも、プロの力を借りることで、より着実に、より早く資産を増やせることができるのである。

次回から、プロの運用力について説明します。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用に成功する方法とは

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
資産運用に成功する方法とは

資産運用に成功する方法とは何か?それは、「資産運用に失敗しないこと」である。多くの投資家が「次はどのマーケットが上がりそうか」「どのファンドで運用したらよいか」といった資産を増やすことにばかり注目するが、実は資産運用の本質は、そうではなく、「どのようにしたら失敗をしないか、失敗した場合(予想と反対のことが起こった場合)でもどの位その損失を最小限に抑えられるか」に注目すべきである。その考えが基本にあって、その次にどのマーケット、どの商品で運用していくのかを考えるべきなのです。

 その理由は、資産運用は将来の値動きが確実でない商品に投資して利益を得る作業であること。そして、その作業が長期間に及ぶからである。

いいかえれば、資産運用は、リスク(元本が減ったり、増えたりすること)をとってリターン(利益)を取りにいく作業である。つまり、不確実なことに対して、投資をすることにより、その見返りとしてリターンが得られるのである。決して、安全確実なものではないのである。

 よくあるパターンが、資産運用してある時期は資産が増えるが、その後マーケットの急落などで損失を出し結局は増えていない…しかも、そのような状況を何回も繰り返している…など…そのような方は非常に多いのです。

長期的に着実に資産を増やしていくためには、ます、どこにどのようなリスクがあるのかを理解し、そのリスクを小さくし、中長期的な大きな流れを捉えることによって実現することができます。(具体的方法について、これから、少しずつ説明していきたいと思います。)

 そうなれば、資産運用で注目する点は、どのマーケットや商品で運用するのかを考える前に運用商品のどこにどのようなリスクがあるのかをつかみ、中長期的な方向性を捉えながら、分散して運用することがより重要になってくる。
そのリスクをつかむにはどうしたらいいのか。それは次回…

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
その理由については次回以降でお話していきたいと思います。
是非ともお楽しみに!!
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用に失敗する人とは

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
資産運用に失敗する人とは

 資産運用で失敗する人に共通するのは、やはり勉強不足・経験不足・冷静さ不足な人であるといえます。世の中には、簡単に儲かり、資産が増えるような本や雑誌がでているが、そもそもそう簡単に資産はふえない。もし、簡単に資産が増えているのであれば、みんな資産家になっているはずである。また、高値や安値を的中といった広告や記事を目にしたりするが、たまたま今回当たっただけで次回もあたるとは限らない。いつも、暴落といった話をしつづければ、いつかは当たるものである。

例えば、よくみかけるのが「雑誌にこういう記事がのっていた」、「テレビで専門家がこう言っていた」「自分は株でこれだけ儲かっている」といった類の話である。それがすべて間違っているというわけではないが、同じような話を聞く頻度が多くなるほど、その逆のことが将来高い起こる可能性が高いように思う。

銀行や証券会社の投資信託を販売する人もそうである。そもそも投信を販売する人は、投資家をだまそうとか、損させようと思って販売しているわけではない。あるのは一つ「投資信託を販売したい」だけなのである。
たまたま損している場合に、損している理由を販売者が勧めたことにするのは、筋違いといえる。

つまり、資産運用に失敗する人は「他人任せ」が多いといえる。そうならないためにも、しっかりと自分自身で判断できるように学ぶ必要がある。
このメルマガでは、本音で資産運用を語ることをモットーに個人投資家が自信で判断できるようになる材料を提供していきますので、ご期待ください。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
その理由については次回以降でお話していきたいと思います。
是非ともお楽しみに!!
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
<▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産家にならなければいけない理由(ワケ)とは

はじめまして!Plaza de FP株式会社です。
このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  今回のテーマは・・・                     
    「ご挨拶&このブログの主旨」です。

日本の借金は825兆円!!

 日本国の借金は、2009年度末時点で国と地方合わせて過去最大の825兆円に膨らむ見込みとの記事が出ていました。この額は、GDP(国内総生産)の171%で2008年度末の156%から大幅に悪化。財政の悪化に歯止めがかかない状況が続いています。

 この借金の状況から抜け出す方法は4つ

(1)税収を増やす 
(2)歳出を切り詰める 
(3)低金利を続ける 
(4)インフレを起こす
 があげられます。

実はこの4つ、私たち国民にとっては、どれをとっても厳しい状況となります。

例えば、「(1)税収を増やす」ですが、経済が成長し、企業の利益や国民の所得が増えて税収が増えることはいいことですが。現在の状況をみると、そのような状況はしばく来なさそうです。では、何が考えられるか... そうです。増税です。つまり、消費税の税率アップ等の増税がなされることは、将来間違いありません。

次に「(2)歳出を切り詰める」これは、年々増え続けている医療費等の社会保障費を削減される等から、以前よりも多くの医療費や保険料を払うといった国民の負担増が考えられます。

また、「(3)低金利を続ける」は住宅ローン等お金を借りる人にとっては、いいことですが、預けている人、安定的にお金を運用しようとしている人にとっては、全然増えない状況が続くことになります。実はこれも大問題で、JALがいい例です。低金利が続くことにより、予定していた利回りが実現できずに、OBは3割、現役は5割、年金が削減されることになってしまいました。これは、氷山の一角で、多くの企業の社員、基社員が、低金利のせいで退職後の生活の糧である年金が減ってしまう状況になってしますのです。

最後の「(4)インフレを起こす」、インフレは物価上昇のことですが、物の値段が上がることは、お金の価値が減ることになります。そうなれば、借金もインフレ前とインフレ後ではその価値も減少することにより、実質、借金が減ることになるのです。しかし、物価が上がれば、消費者である国民は、支出が多くなり、その負担も大きくなってしまうのです。

このように、国の借金が膨大にあることは、それを解決しようとすれば、国民の負担が増大することは間違いありません。

では、私たちはどうしたらいいのか...

その解決策・自己防衛策があります。 それは、「資産をつくること」そして「その資産を運用」することです。

私たちは、国に期待できない以上、これまで以上に「資産をつくり」、「その資産を運用する」ことについてしっかりと考えていかなければなりません。

「資産をつくり」、「その資産を運用する」ことができれば、将来を悲観することなく、前向きに明るく生きることができます。そして、それが広がれば、前向きで明るい社会へつながることになります。

しかし、残念ながら、今回の金融危機をみても資産を運用することに成功している人が少ないのも事実です。

何がいけないのか...どうして失敗してしまうのか...

実はそれには、理由があります。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
その理由については次回以降でお話していきたいと思います。
是非ともお楽しみに!!
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。