スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ファンド購入マニュアル13

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
元本確保型ファンドが募集開始!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル13

海外ファンドの資料を見るポイント 4

海外ファンドの評価はやはり「実績」だといえます。
運用実績をいかに残せるかがファンドの生き残りの全てといっても過言ではありません。

その点、国内のファンドは、もちろん実績も重要ですが、販売会社やその売り方によって、
そのファンドの生き残りがかかる部分もあり、実績のみとはいえないのが現状です。

そうなると投資家にとって良いファンドよりも販売会社にとって都合のいいファンド、
例えば、基準価額を犠牲にして多くの分配金を出すことにより、販売会社が売りやすくしたり、ファンドの性質からみても高めの手数料体系にして、販売会社へ多く手数料が入るようにするといったことがなされてもおかしくないともいえるのです。

海外ファンドと国内ファンドどちらが投資家のための運用を行う傾向にあるかは、もうわかりますね。

さて、今回も海外ファンドの資料を見るポイントについて述べてみたいと思います。

(9)運用実績はどうか

 海外ファンドの場合、運用実績のことを「トラック・レコード」と呼びます。
このトラック・レコードはそのファンドへ投資するかどうかを判断する重要な要素になります。
ファンド資料には、過去の年毎の収益率(リターン)を掲載しています。見るポイントとしては、以下の通りとなります。

1.過去の運用実績ではプラスのリターンのみか、マイナスのリターンもあるのか。
2.プラスのリターンはどの程度(○○%~○○%)か。マイナスのリターンはどの程度か(-○○%~-○○%)。
3.年平均利回り(複利利回り)はどの位か

1.については、プラスリターンのみが望ましいわけですが、マイナスになったときのリターンとそのときの
マーケットの動向(例えば株式市場の動き)はどうだったかなどを比較検討することで、将来、同じような状況が
起きた場合に、同じようなリターンになることを予想することができます。


2.については、安定したリターンをあげている方が望ましいですが、成績がよくないときにでもどの程度のリターンを出しているかをチェックします。

3.は年平均の利回りから将来どのくらい投資金額が増えるかのシミュレーションができます。
英語では「annualized return」(年率)や「Compound annual rate of return」(年複利利回り)等と表示されます。


このようにトラック・レコードを検証することによって、そのファンドのリスクやリターンをイメージすることができ、将来、同じような運用になった場合に、投資家自身の投資金額がどのようになるのかのシミュレーションが
できるようになります。


プラスもマイナスも含めて、投資金額の変動を投資家自身が受け入れることができるかどうかを判断することになります。

トラック・レコードについては、グラフで表されるケースがほとんどですから、そのグラフを見て投資家自身が希望する、もしくは受け入れることができる動きになっているかという点で判断するとわかりやすいと思います。

基本的には、なだらかに右肩上がりになっているファンドがいいファンドだといえるでしょう。


続きは次回…

当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル12

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
元本確保型ファンドが募集開始!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル12

海外ファンドの資料を見るポイント 3

海外ファンド会社の中には、日本では無名だが、海外では業界でも有名な会社、また、海外に上場している会社もあります。

ただ単に日本では名前を知られていないだけ…といえるでしょう。
このように日本ではあまり知られていないけれど海外では非常に有名な会社は数多くありますから、あまり知っている、
知らないという感覚は海外ファンドでの運用に役に立ちません。

「知らないことが当たり前」という考えで向き合うと、ファンドの見方も変わってきます。


さて、今回も海外ファンドの資料を見るポイントについて述べてみたいと思います。


(7)IFAはそのファンドの正規代理店かどうか。

資料を送付してもらったIFAがその資料のファンドの正規代理店であるかどうかを確認することができます。

海外ファンドの中には、ファンド会社のウェブサイトから代理店を検索、確認することができるところもありますし、
確認方法がわからなければ、その確認方法について、IFAに聞けば教えてくれます。
(もし、教えてくれないようであれば、あやしいです。)

また、IFAによっては、確認方法のマニュアルを提供してくれるところもあります。


 IFAに聞くのもちょっと…という方は、ある程度の英語は必要になりますが、直接、そのファンド会社へ、
メールを送り確認することも可能です。

問い合わせしているIFAがファンドの正規代理店であるかどうかを確認することは、詐欺等から自分を守ることに
もなりますから、信頼おける方からの紹介は別として、基本的には確認した方が良いでしょう。



(8)そのファンドはどのような運用手法で運用しているか

 ファンドの運用手法を確認します。

以前に海外ファンド、特にヘッジファンドの運用手法については説明しましたが、そのファンドがどのような運用手法をとっているかを知ることにより、ファンドのリスク・リターンも変わってきます。

トレンドフォロー型のマネージド・フューチャーズなのか、アービトラージなのか、株式ロング・ショートなのか、
イベント・ドリブン型なのか、もしくはその混合なのかを確認することで、リスクとリターンを大まかにでも
イメージすることができます。

この運用手法については、通常、月次の運用報告書に英語ではありますが、記載されていますので、
ある程度確認することは簡単です。

是非、運用手法についても確認するようにしましょう。



続きは次回…


当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル11

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
元本確保型ファンドが募集開始!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル11

海外ファンドの資料を見るポイント2

国内のファンドの資料もそうですが、書いてある内容が多すぎて、何を注意して見たらいいのかわからないことが
ありますね。

それは海外ファンドにもいえることなのですが、ここに説明している資料を見るポイントさえ押えていれば、大丈夫です。
これから見てみましょう。


 前回に続き、IFAから資料が送られてくる資料を見る際の注意点やポイントについて述べたいと思います。


(4)事務管理会社はどこか

ファンドを購入した際の契約書や、ファンドのNAV(純資産価値)や運用実績等のファンドに関する数値データを算出し、投資家向けに発行しています。

この作業を行っているのが事務管理会社です。これは、ファンドの運用者等が自身の運用成績を操作したりすることを
防ぐことにつながり、投資家へのファンドに関する正確な情報を提供する役目をしています。海外ファンドの資料を見て、もし、独立した事務管理会社がない場合には、そのファンドへの投資は避けたほうが良いでしょう。


(5)監査法人はどこか
海外ファンド(海外ファンドに限ったことではありませんが)には、監査法人がついています。

この監査法人が海外ファンドの運用、運営について監査を行うことによって、そのファンドが適正に運営、
運用されているかどうかがチェックされることになります。もし、監査法人がないファンドであれば、
そのようなファンドには投資すべきではありません。監査法人もチェックするようにしましょう。


(6)元本保証ファンドの場合、どこが保証しているのか

海外ファンドには、元本保証ファンドというものがあります。つまり、元本が保証されるわけですが、
この保証をどこが保証しているのかをチェックする必要があります。

多くは大手銀行が保証するケースが多いのですが、仮にその銀行が破綻してしまった場合には、
保証する銀行がいなくなることになり、元本保証ではなくなることもあります。元本保証ファンドの場合、
どこが保証しているのかをチェックするのと同時に、保証者がどのくらい信用力があるのかもチェックするように
しましょう。

通常は大手銀行が保証しますから、その銀行の格付けなどをチェックすることになります。

続きは次回…


当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル10

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
元本確保型ファンドが募集開始!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル10

海外ファンドの資料を見るポイント1


優れた海外ファンドの資料を見ると、これまで国内のファンドしか知らなかった方は「えっ!」と驚くことがあります。
自分が買った国内のファンドは大きく値下がりしているのに、なぜ、このファンドはこんなに成績がいいの?といった感じです。

是非、一度は、実際の資料を見てみてください。


さて、今回からは海外ファンドの資料を見るポイントです。IFAへ資料請求をしますと、IFAから資料が送られてきますが、その際の注意点やポイントについて述べたいと思います。


まず、送られてくる資料は基本的に英語であることが多いです。まず、海外ファンドの資料は英語が基本であることを
覚えておきましょう。

しかし、あわてることはありません。通常、日本語による概要資料がついていますし、海外ファンドの中にはファンド会社自信が日本語の資料を作成する場合もありますので、日本語の資料と英語の資料を比べながら資料を見る形になります。

 
  海外ファンドのチェックポイント 

(1)ファンドの運営会社はどこか
   まず、ファンドの運営会社がどこかをチェックします。
   名前を知ったところで聞いたことがない会社が多いかと思いますが、例えば、インターネットでその会社を
   調べたときにその会社に対する評価や風評がわかることがあります。まずはチェックしておきましょう。

(2)ファンドの運用者は誰か
   海外ファンドの場合(海外ファンドに限りませんが)、ファンドの運営者とファンドを運用者が異なる場合があります。
   運用者も名前を知ったところで、聞いたことがある名前ではないかもしれませんが、運用者を知ることにより、

   例えば、インターネット等でその運用者の運用経験や実績を調べたときに、その評価や風評等がわかることがあります。
   運用者もチェックするようにしましょう。

(3)保管銀行はどこか   
   基本的に海外ファンドは(海外ファンドに限りませんが)、お金の管理は運営者、運用者から切り離された独立した
   保管銀行で行われます。お金の管理を保管銀行で行うことにより、運営者、運用者による資金の流用などを
   防ぐことにつながり、投資家の資金をファンドの運用以外の不正から資金を守る役割をしています。

   もし、資料請求した海外ファンドに独立した保管銀行がないとすれば、そのファンドには投資すべきではありません。
   保管銀行もチェックするようにしましょう。


当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル9

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
元本確保型ファンドが募集開始!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル9

IFAへ資料請求する前に準備しておくこと 3 

現在、あるファンド会社から元本確保型のヘッジファンドの募集が始まりました。このファンドは、10年満期ですが、途中解約することができます。

仮に運用成績がマイナスになった場合でも満期まで保有すれば元本が確保されるしくみになっています。このような元本確保型から海外ファンドを始められる日本人の投資家は多く、募集開始になりますと問い合わせも多くなります。

なぜ、元本確保が可能になるのか?それは、元本を確保するための債券の利用とヘッジファンドが得意とするレバレッジをかけた運用とリスク管理にあります。しかも、目標利回りは10%台半ばを目指していることから、その利回りも魅力となっています。

このファンド数百万円から投資できますから、非常に個人でも利用できるお勧めのファンドです。詳しい内容について資料をご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ


さて、今回は、IFAへ資料請求する前に準備しておくことの4つ目で、(4)「リスク許容度」です。
リスク許容度とは、簡単にいいますと、「一時的に資産がどの位マイナスになっても大丈夫か」ということになります。

誰でもリスクは小さく、高いリターンを望みたいところですが、資産運用にはそのようなものはありません。
(もし、そのようなものがあるとしたら、まず疑った方がいいでしょう。なぜなら、そのような商品であれば富裕層や機関投資家といった大きな金額で投資する人たちに話がいき、私たち個人投資家まではそのような話はこないはずだからです。)

基本的にリスクとリターンは表裏一体なので、リスクが小さければ、リターンも小さく、リスクが大きければ、リターンも大きいということになります。

海外ファンド、特にヘッジファンドの場合のイメージでいいますと(ア)リスクが11%でリターンが13%のようなリスクの小さなファンドから(イ)リスクが25%でリターンが27%といったミドルリスク、ミドルリターンの商品といった感じになります。

例をあげてみましょう。
(ア)の場合、300万円をこのファンドへ投資した場合、リスクが11%ですから、300万円の資産が一時的に267万円になることもある。
しかし、リターンは13%ですから、339%になっているような感じになります。
リスク許容度とは、この300万円が一時的にでも267万円になっても心理的に受けられるかどうかということです。

一時的にでも減ってほしくない場合には、海外ファンドへの投資はやらない方がいいということになります。

海外ファンドのいいところは、リスクはある程度はあるが、それ以上のリターンを安定的に期待できるという点にあります。
逆にいえば、資金が三分の一になっても倍にしたいといった人には向かない商品ともいえるでしょう。
(その場合には、わざわざ海外ファンドを使わなくても先物等を使って自分自身で運用した方が効率的だからです。)

このように海外ファンドは着実に資産を増やしたいと思う方向けの商品だということがわかります。
但し、リスクを確認し、そのリスクを自分が受け入れることできるかどうかの見極めは必要になります。


当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。また、オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル8

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル8

海外ファンドの問い合わせについて、代理店が一番困るのは、「いちばんおすすめのファンドを教えてほしい」といわれることです。おすすめかどうかは投資家によって異なります。一人ひとり違って当たり前なのです。これは、なんでもいいから、おいしい料理を食べさせてくれ、と同じでその人の好みや予算によってその料理も変わってくるのと同じだと思えばわかりやすいのではないでしょうか。

そうならないためにも、事前に自分に合う商品を紹介してもらうためのポイントについて紹介していきたいと思います。

    
 IFAへ資料請求する前に準備しておくこと 2
 
(2)運用期間

運用期間も重要です。

以前説明しました通り、基本的に海外ファンドは、ハイリスク・ハイリターンではなく、
ローリスク・ミドルリターンになります。つまり、短期間に高い収益をねらうものではありません。

ある程度のリターンを継続してあげていくことを目的としていますから、やはり、海外ファンドは
中長期で考える必要があります。最低でも3年の運用期間が必要です(長ければ長い方がよい)。

逆にいえば、3年以上運用できない資金は海外ファンドで運用しない方がいいでしょう。


   
(3)運用の目的・資金の使い道
     
運用の目的・使い道も重要です。

これは(2)運用期間と関連するところでもありますが、やはり、使う予定があり、
特に、それが近い将来の場合には、その資金は海外ファンドでの運用には適さないといえます。
また、使う予定があっても、ある程度先であれば、海外ファンドでの運用も可能です。

そして、ここで運用の目的や使い道を明確にすることによって、目的意識をもって資産運用ができますから、
海外ファンドでの資産運用が成功する可能性が高くなるといえます。


当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル7

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル7

海外ファンドの代理店と連絡をとる場合に事前に知っておいた方がいい、また、準備しておいた方がいいことがあります。それらを前もって用意しておくことで、スムーズに事が運びます。今回からそのポイントについて紹介していきたいと思います。

  
 IFAへ資料請求する前に準備しておくこと 1

IFAは様々なファンドを扱っていますから、資料請求する側としても、ある程度IFAへ伝えることについては
準備しておかなくてはなりません。

一番困るのが、「いいファンドを紹介してください」というものです。
「いいファンド」とは、実は、人にとって異なります。私にとっていいファンドとあなたにとって
いいファンドは違うのです。

では、自分にとっていいファンドを紹介してもらうため、資料請求する前に準備しておくことに
ついてみていきましょう。


 事前に準備しておいた方がいい主な項目は以下の通りです。

(1)運用金額             例:500万円
(2)運用期間             例:10年間
(3)運用の目的・資金の使い道     例:退職後の生活費、年金のプラスα
(4)リスク許容度(一時的に資産がどの位マイナスになっても大丈夫か) 例:-25%
(5)目標利回り            例:15%

 まず、一つずつみてみましょう。

(1)運用金額

   運用金額については、海外ファンドの場合にはある程度まとまった資金が必要になりますから、
最低購入金額が運用金額の最低ラインになります。最低購入金額はファンドによって異なりますが、
300万円~500万円程度と考えていいでしょう。もちろん、100万円で購入できる海外ファンドを
紹介してほしいとIFAへ依頼することもできます。
あまり少ない金額では種類が限られてしまうこともありますから、この最低購入金額についてはIFAへ
相談してみましょう。


当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル6

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル6

今回、ある会社から元本確保型のファンドの募集が始まりました。このファンドは10%半ばの利回りを目指しており、仮に毎年15%の利回りで運用できたとすれば、元金が約5年弱で倍になる計算になります。まさに日本人向け?のファンドだといえるでしょう。このファンドの情報を知りたい方は、こちらからお申込みください。!⇒お申込みへ

今回も海外ファンドの代理店の選び方のポイントについてご紹介していきます。
    
代理店(IFA)の選び方 3
 

今回はIFAの仕事です。

海外ファンドの購入においてIFAの主なサポートは次のような内容になります。

(1) 資料等の提供
(2) 申込書記入のサポート
(3) 申込に必要な書類の認証
(4) 申込に必要な書類で日本語のものについては英訳
(5) 申込に必要な書類の確認と発送
(6) 購入資金の海外送金に関するサポート
(7) 購入資金の着金確認とその連絡
(8) 購入後の運用状況確認についてのサポート
(9) 住所変更等の変更手続きのサポート
(10) 解約手続き


このように海外ファンド購入についての一連のサポートを行ってくれますから、
IFAは海外ファンド購入の強い味方だといえるでしょう。特に海外ファンドは長期間で運用するわけですから,
IFA選びが、海外ファンドを安心して購入できる重要なステップだといえます。長くつきあえるIFAを探しましょう。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選海外ファンドの紹介、海外口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・レポート概要1プラザ・レポート概要2プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル6

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル6

現在、ある会社から元本確保型のファンドが募集開始になりました。元本を確保しながら10%台半ばの運用利回りを目指しているファンドです。仮に15%の運用利回りが出せたとすれば約5年弱で倍になる計算です。このように海外ファンドには特に日本人向き?とも思えれるファンドがあります。このファンドの情報について知りたい方はこちらから主仕込みください。!⇒お申込みへ

今回も代理店の選び方のポイントについてです。

    
 代理店(IFA)の選び方 3 

今回はIFAの仕事です。

海外ファンドの購入においてIFAの主なサポートは次のような内容になります。

(1) 資料等の提供
(2) 申込書記入のサポート
(3) 申込に必要な書類の認証
(4) 申込に必要な書類で日本語のものについては英訳
(5) 申込に必要な書類の確認と発送
(6) 購入資金の海外送金に関するサポート
(7) 購入資金の着金確認とその連絡
(8) 購入後の運用状況確認についてのサポート
(9) 住所変更等の変更手続きのサポート
(10)  解約手続き


このように海外ファンド購入についての一連のサポートを行ってくれますから、
IFAは海外ファンド購入の強い味方だといえるでしょう。特に海外ファンドは長期間で運用するわけですから,
IFA選びが、海外ファンドを安心して購入できる重要なステップだといえます。長くつきあえるIFAを探しましょう。

当社では、信頼おけるIFAをご紹介しております。紹介をご希望の方はコチラよりお問い合わせください。初心者大歓迎のIFAです。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル5

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル5

私たち日本人が海外ファンドを購入する際にやはり代理店選びは重要になってきます。やはり、信頼おける、長くつきあえる代理店を選ぶことになります。そのチェックポイントについて一つずつですが、見ていきましょう。


 代理店(IFA)の選び方 2

 IFAへ尋ねることのもう一つは、「代理店としてどれだけの実績」があるかです。
顧客数や営業年数、取り扱いファンド数などを聞きます。
明確な数字を出してくれるところはあまりありませんが、概算でも教えてもらうといいでしょう。

 営業年数が短いからと言って、ダメということではありません。
営業年数が短い場合には質問への回答に時間がかかったりすることはあります。

しかし、実績がまだまだだからこそ一生懸命にやってくれることもあります。
やはり、一つの参考として確認し、実際にはその対応等様々な角度から選ぶようにしたいものです。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル4

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル4             

今回は海外ファンドで運用する際の最も重要なポイントの一つ代理店の選び方です。

代理店の選び方 1
海外ファンドの場合、代理店のことをIFA(independent Financial Advisor)と呼びます。
その意味は独立した中立的な立場で顧客の資産運用等のアドバイスを行う人という意味です。

IFAを探すには、IFA経由で海外ファンドを購入した人から紹介してもらう。
もしくは、周りにそういう人がいなければ、インターネット等で探すことになります。

紹介してもらう場合には、ある程度安心して相談やサポートをお願いすることもできますが、
インターネットで探す場合には、信頼できるIFAかどうかをチェックしなければなりません。


そのチェック方法については、後ほど説明します。
まず、IFAですが、注意が必要なのは、料金です。IFAによってサポートを有料で提供しているところと
無料のところがあります。

有料の場合には会費制のところや、その都度サポート料金がかかるところ、その両方がかかるところがあります。
また、その料金の請求も前払いや後払いなど様々です。一方、無料の場合も資料の送付料等がかかる場合が
ありますから、まずは、料金の体系を確認することが重要です。

有料と無料の場合、どちらがいいかという点ですが、一概にはいえません。

例えば、無料の場合、IFAが事業の継続が困難になりIFAを止めてしまい、顧客がその後のサポートが
受けられないことも考えられます。
そういう場合には、今のIFAから他のIFAへサポートをお願いすることになりますが、その点、
会費制やサービス料を後から請求する場合等には、喜んで引き受けてくれるIFA見つかる可能性が高く、
将来の不安もなくなるという点では、将来の安心料として考えることもできるからです。


まずは料金体系をしっかりと確認するようにしましょう。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル3

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル3 
                       
 今回は、個人が海外ファンドを購入する3つの方法、

(1)日本国内で販売されているものを購入する方法
(2)ファンド会社へ直接申し込む方法
(3)代理店を経由して申し込む方法

の内、(3)代理店を経由して申し込む方法 です。


海外ファンドは通常代理店経由で申し込むのがほとんどです。
私たちが投資信託を銀行や証券会社等で購入することを考えれば、それと同じですから、よくわかりますね。


なぜ、代理店を利用するのかといえば、資料請求、説明、購入、変更、解約といった事務手続きのサポートを
行ってくれるからです。

ですから、私たちが海外ファンドを購入する場合、代理店を使うことによって最も簡単に、早く、しかも、確実に手続きができます。


特に日本人の場合、多くの人がそれらの手続きを英語でやるのは大変なので、日本語でサポートしてくれる代理店を
使うことによって、より簡単に、早く、確実に手続きをすることができます。


日本語でサポートしてくれる代理店はいくつかあります。しかし、信頼できるかどうかはやはり、問い合わせをして、
代理店の対応を確認した方がいいでしょう。お金を一時的に預かるような代理店は即除外です。
できれば、いろいろなファンドを扱っている代理店を選ぶ方がいいでしょう。


弊社では、日本語によるサポートを行う信頼できる海外ファンドの代理店をご紹介しておりますので、ご希望の方はこちらまで、お問い合わせください。



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル2 
                  
今回は、個人が海外ファンドを購入する方法について書いてみたいと思います。

個人が海外ファンドを購入する方法には以下の3つの方法があります。

(1)日本国内で販売されているものを購入する方法
(2)ファンド会社へ直接申し込む方法
(3)代理店を経由して申し込む方法

の内、(2)ファンド会社へ直接申し込む方法です。

(2)ファンド会社へ直接申し込む方法

 個人でファンド会社へ直接申し込むことができます。やり方としては、まずはインターネットや雑誌等で成績の良い興味のあるファンドを探します。そのファンド会社へ電話やメールにて資料請求をします。資料を見て、購入しようと思ったら申込書の請求をして、必要事項を記入し、必要書類をそろえて、申し込みます。そして、指定された口座へお金を送金して購入となります。

このようにみると、いかにも簡単なように思えますが、これらすべて基本的に日本語のサポートがないため、英語で行うことになります。つまり、英語力がある方はこの方法でもよろしいかと思いますが、英語力がそれほどない方は大変な作業になります。

特に、日本語書類を英訳、書類に不備があった場合の対応、着金の確認、住所等の変更届け、運用終了後の解約手続きなど、これらの細かい作業を考えると通常は大変な作業になります。

このような作業があるため、日本人で直接申し込む方は極少数であると思われます。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド購入マニュアル1

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド購入マニュアル1

今回から海外ファンドを購入する方法について述べていきたいと思います。

 個人が海外ファンドを購入する方法としては、

(1)日本国内で販売されているものを購入する方法
(2)ファンド会社へ直接申し込む方法
(3)代理店を経由して申し込む方法

 など大きく分けて3つの方法があります。

(1)日本国内で販売されているものを購入する方法の場合、
通常の投資信託の販売と同様にインターネット等で海外ファンドを扱っている銀行や証券会社を探し出し資料請求をするなどして、情報を集めて、そして、口座開設し、目論見書を読み、説明を受けて、お金を口座に入金して、買い付けとなります。

日本語での資料や説明を受けることができるので、通常の投資信託を購入するのと同じくらい気軽に海外ファンドを購入することができるのは、やはりメリットといえます。

デメリットは何か。

それは、販売されているファンド数が非常に少ないことです。購入しようと思っても数少ない中から選ばざるをないのは、目的が海外ファンドを購入することであればいいのですが、資産を増やすことが目的なのですから、やはり、多くのファンドの中から選べる方がだんぜん結果も変わることになります。

しかも、なぜだかわかりませんが、日本国内で販売されているファンドは日本で販売されると期待されたほどの成績が残せていないようです。もちろん、運用成績が良いファンドであるから、その成果が期待されて日本で販売されるわけですが…

短期で評価することはできませんが、ちょっとリスク取りすぎじゃないの…と思えるファンドもあることは事実です。
まずは、少額で試しに購入してみたいという方には、国内販売の海外ファンドを購入するのもいいかもしれません。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド運用の注意点とは 2

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド運用の注意点とは 2
 
海外ファンドには日本にはない高いパフォーマンスのファンドがあります。ただ、日本の投資信託との違いも理解しておく必要があります。前回からその違いについて書いていますので、是非参考にしてください。

(2)解約してから換金されるまでに時間がかかる。

海外ファンドの注意点の2つ目は、解約してから換金されるまでに時間がかかることです。
国内の投資信託だと、通常、解約申込みから4日営業日目、もしくは5営業日目で換金できますが、海外ファンドの場合、商品によって異なりますが、解約申込みから1週間から2ヵ月かかる場合があります。必ず説明書や目論見書で確認するか、問い合わせしましょう。通常は2ヵ月くらいかかると思った方がいいです。

資金が必要になった場合に、海外ファンドで運用している商品を解約して当てる場合には、余裕をもって解約することをお勧めします。


(3)為替リスクがある場合が多い

海外ファンドの注意点は為替変動リスクがあることが多い点に注意です。
海外ファンドの資料を見ますと、これまでの運用成績が載っていますが、それらは通常、米ドルやユーロといった外貨ベースのものがほとんどです。円換算した場合には、その成績と異なる場合がありますから、ファンドを評価する場合に考慮するようにしましょう。
 
たまに、円高になると損するので、海外ファンドはちょっと…という方がいますが、成績の良い海外ファンドの場合、為替の変動以上に収益を上げているファンドも多いので、その辺りはあまり気にする必要はないのではないかと思います。


 日本円だけでなく外貨をもつことにより円安のヘッジにもなり、通貨分散にもなります。


 あくまでも通貨の変動によって、日本円に換算した場合、資料と同じ収益でないことがある。(思ったより減ることもあれば、増えることもあります。)位に考えた方がいいでしゅう。


もちろん、選択した通貨が今後強くなれば、プラスαの収益になります。また、どうしても為替リスクは嫌だという方には、日本円で投資できる海外ファンドもありますから、そういうファンドを購入するのも方法の一つです。

ファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド運用の注意点とは 1

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド運用の注意点とは 1

海外ファンド(ヘッジファンド)は私たち個人投資家にとって、希望の星!のようなファンドですが、
いいことばかりではありません。ヘッジファンドで運用する際には是非知っておいていただきたい点を
述べたいと思います。これを知っておけば、もう安心ですよ。


(1)最低購入金額がある程度高い

 まず、海外ファンドの最低購入金額はある程度高額であることです。国内で販売される投資信託は
最低1万円程度から購入できますが、海外ファンドの場合、通常、300万円以上が最低購入金額となります。
もちろんファンドによって最低購入金額は異なるため、その都度、確認が必要になります。
中には100万円、500万円、1,000万円というものもありますので、商品毎に最低購入金額を資料で
確認したりや問い合わせをすることをお勧めします。


 ある程度の資金で運用しないと増えてもそれほど大きく増えませんから、最低投資金額がある程度高めに
なることについては、それほど悪いことではないと思います。
 一旦、購入したらある程度長期間(最低5年以上)は保有することになりますから、ある程度長期間使う
予定がないお金を運用することはいうまでもありません。


 それでも少額から購入したい人は、海外ファンドには少額からの積立てで購入できるものもあります。
この場合、月額500米ドルから積み立てて購入することができる商品もあります。

少額からはじめたい人にとってはいいですね…

ファンドに関する詳細はコチラ ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=499873


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ヘッジファンドの魅力とは

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億2000万円にしたファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を1ヶ月間無料提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください!⇒お申込みへ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ヘッジファンドの魅力とは     

これまでご紹介しましたヘッジファンドの運用手法をみてもおわかりの通り、ヘッジファンドとは一般的に思われているハイリスク・ハイリターンの商品というイメージとは異なり、リスクを抑えつつ、安定的な収益を上げようとしているファンドであることがわかります。

言い換えれば、安定的に資産を増やしたいと考えるのであれば、株式や商品やFXではなく、ヘッジファンドで運用する方がいいということになります。
 
ヘッジファンドの魅力はリスクを抑えつつ安定的な収益を上げることを目的としているという点の他にもう一つあります。

 それは、これまでの株式、債券といった昔から運用の対象となっている金融商品との相関性が低いことがあげられます。
つまり、株式や債券とは異なる動きをする傾向があるということです。


 異なる動きをするとどういうメリットがあるかといいますと、ヘッジファンドを組み込むことによって、株式や債券だけで運用するよりも、資産の評価価値の変動が小さくなります。つまり、リスクが低減される効果があります。

 近年、年金基金といった大きな資金を運用する機関投資家がヘッジファンドを資産運用の一部に組み込むようになった理由の一つが、これまでの運用商品との相関性の低さによるリスク低減効果を期待するからだといえるでしょう。


私たち個人投資家もヘッジファンドを資産運用の一部として組み込むことはリスク低減という意味からも必要だといえます。


しかも、最近は個人でも気軽に購入できるようになっていますから…


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、厳選オフショアファンドの紹介、オフショア口座開設情報等、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。