スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ファンドレポート 2010.6.24

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億1,000万円にした個人向けファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みへ (商品番号は001です。)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドレポート 2010.6.24
効果的な運用資産の組み合わせとは?

リスクを抑えつつ、リスク以上の利回りで運用する際に重要なことは、逆の動きをする資産を組み入れる。もしくは、関係のない動きをする資産を組み合わせることにより、それが実現される可能性が高いといわれています。今回、そのような視点から、豪ドル建て元本保証のマネージド・フューチャーズファンドを見てみましょう。

まず、復習になりますが、世界最大級のヘッジファンド会社が運用する豪ドル建て元本保証ファンドを説明します。

商品名:豪ドル建て元本保証マネージド・フューチャーズファンド

●運用運営会社:世界最大級のヘッジファンド会社
●申し込み期間:2010年6月15日~2010年8月13日
●最低申込金額: AUD50,000
●申し込み可能な通貨:オーストラリアドル
●満期償還日:2020年9月30日
●満期時元本保証:あり。オーストラリア大手銀行により、満期時に元本を保証(元本逓増機能あり)
●過去発売の元本保証ファンドの年平均複利実績利回:15.4%(1990年12月から2009年12月までの19年間)
●購入手数料:0%
●早期解約手数料:2013年9月30日まで:基準価格の2% 以降 無料
注1)実務上、申込依頼の締め切りは、8月2日頃になります。

優れた運用実績、高度な分散効果、及び市場下落時の保険効果を備えた運用戦略への投資機会が提供されます。
世界最大級のヘッジファンド会社のマネージド・フューチャーズファンドに元本保証をつけた商品です。
過去発売の商品は、1990年12月から運用が開始され、2009年12月までの年平均複利実績利回は15.4%(約16倍)です。

この利回りで、元本保証が付いているなんて驚きです。

19年間で16倍ですので、もし、1000万円を1990年12月に投資していたら、1億6000千万円になっています。

<投資方法>
投資方法は、マネージド・フューチャーズです。これは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場( *1) 150以上)において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる投資手法です。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。従って、下げトレンドにおいても、利益を出せるわけです。
コンピューターを駆使した高度な取引システムですので、損切りもすばやく対処し、総合的に収益を出します。
*1) 上場先物、オプション、先渡契約に加え、スワップに分散投資し世界中の株式、債券、通貨および商品等に投資

マネージド・フューチャーズは、投資対象がかなり多く、しかも様々なセクターへ分散投資されている商品です。投資機会をとらえ、分散により安定運用を実現しているといえます。

今回、アジア株式とこのファンドについて比較してみましょう。
実はこのファンド過去20年間、アジア株式の下落時には、一時期を除き、ほとんどプラスのリターンとなっています。以下がその実績です。

(左から、時期、アジア株式(MSCI アジア・パシフィック指数)のリターン、ファンドのリターンの順)
①91年 3月- 92年 7月  -26.4%   +20.3%
②93年 3月- 93年11月 -14.2%   +1.4%
③94年11月- 95年2月  -13.4%   +13.3%
④95年 5月- 98年8月  -50.1%   +114.3%
⑤00年 4月- 03年3月  -51.3%   +71.5%
⑥06年 5月- 06年7月  -7.2%   -11.1%
⑦07年11月- 09年2月 -54.6%   +19.9%

アジアの株式市場が大きく下落した危機時においては、ほとんど、元本保証型商品がプラスの成績を収めています。
④がアジア通貨危機・ロシア危機、LTCM破綻等があった時で、⑤がITバブル崩壊による世界的株式下落マーケット時、⑤がサブプライム/リーマンショック時です。

このように、このファンド単独で運用することももちろん可能ですが、すでにアジア株式ファンドやBRICs株式ファンドなどを保有されている方はより、リスクを抑えつつ、成長をとっていく方法としてこのファンドを組み入れて運用することも一つの方法だといえるでしょう。


豪ドル・円レートの動きについて

豪ドル・円はギリシャ問題に端を発したユーロ危機から今年の5月に急落し、一時71円台をつけました。その後6月になり、戻し基調の動きから最近の動きとしては79円-80円の動きとなっています。
豪ドル円は今回のサブプライムローン問題の前、2007年の7月、10月に107円台をつけました。その後、サブプラムローン問題、リーマンショックから2008年の10月には54円台まで下落し、その後、徐々に戻し、今年の4月には一時88円をつました。
現在の水準はちょうど5月の急落前の水準と急落後の水準の中間に位置することになります。
高くもなく、安くもないといった水準です。

オーストラリアは先進国の中でも真っ先に景気回復してきました。また、オーストラリアは資源国であることから今後、景気回復、新興国の成長による資源価格の上昇が来るとすれば、オーストラリア経済・通貨も将来は明るいといえるかもしれません。


このファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込みく下さい。     
初心者の方のための海外ファンド購入マニュアル(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドレポート 2010.6.14

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億1,000万円にした個人向けファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みへ (商品番号は001です。)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドレポート 2010.6.14

今回も引き続き、先週紹介しました、下げにも強い大手運用会社の商品に大手銀行の元本保証が付いたファンドについてのレポートの続きです。

商品名:豪ドル建て元本保証マネージド・フューチャーズファンド(商品番号:100614)

●運用運営会社:世界最大級のヘッジファンド会社
●申し込み期間:2010年6月15日~2010年8月13日
●最低申込金額: AUD50,000
●申し込み可能な通貨:オーストラリアドル
●満期償還日:2020年9月30日
●満期時元本保証:あり。オーストラリア大手銀行により、満期時に元本を保証(元本逓増機能あり)
●過去発売の元本保証ファンドの年平均複利実績利回:15.4%(1990年12月から2009年12月までの19年間)
●購入手数料:0%
●早期解約手数料:2013年9月30日まで:基準価格の2% 
以降 無料
注1)実務上、申込依頼の締め切りは、8月2日頃になります。

優れた運用実績、高度な分散効果、及び市場下落時の保険効果を備えた運用戦略への投資機会が提供されます。
世界最大級のヘッジファンド会社のマネージド・フューチャーズファンドに元本保証をつけた商品です。
過去発売の商品は、1990年12月から運用が開始され、2009年12月までの年平均複利実績利回は15.4%(約16倍)です。
この利回りで、元本保証が付いているなんて驚きです。
19年間で16倍ですので、もし、1000万円を1990年12月に投資していたら、1億6000千万円になっています。

<投資方法>
投資方法は、マネージド・フューチャーズです。これは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場( *1) 150以上)において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる投資手法です。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。従って、下げトレンドにおいても、利益を出せるわけです。
コンピューターを駆使した高度な取引システムですので、損切りもすばやく対処し、総合的に収益を出します。

*1) 上場先物、オプション、先渡契約に加え、スワップに分散投資し世界中の株式、債券、通貨および商品等に投資
マネージド・フューチャーズは、投資対象がかなり多く、しかも様々なセクターへ分散投資されている商品です。投資機会をとらえ、分散により安定運用を実現しているといえます。

上記概要の
「満期時元本保証:あり。オーストラリア大手銀行により、満期時に元本を保証。(元本逓増機能あり)」
の中に記載のある、(元本逓増機能あり)の説明をします。

<元本保証の元本逓増機能>
1997年8月から運用されている今回の運用会社の豪ドル建て元本保証ファンドを例にとり、説明します。(一般の方でもホームページで確認できます。)

左から、運用開始年月、評価日、逓増元本保証額、ファンド価値の順です。
 1997年8月、 2010年4月30日、 AUD4.5987、 AUD5.2537

最新のファンド価値の年月が2010年4月末で、ファンド価値が、5.2537です。12年で、5.2537倍になっているということになります。 

元本保証がついているファンドですが、これなら元本保証などいらないのですが。
また、逓増元本保証額が4.5987となっています。 これが銀行保証の現在価値です。銀行保証額がこの様に上昇するのです。

万々が一、この運用会社が倒産等したとき、銀行が、4.5987倍の保証をしてくれるのです。また、これから、運用に失敗しても、4.5987倍の保証をしてくれるのです。 

保証額が上がっているのです。

驚きです。

例えば、1000万円をこれに投資していたら、ファンド価値は、今、5253.7万円で、保証額は、4598.7万円なのです(正確にはAUD建ですが)。この運用会社が万が一、つぶれてもこれから、運用に失敗しても大丈夫です。この不安定な時代、万 万が一を考える方には、さらなる安心を買えます。

ファンド価値が上昇するにつれて保証額が上がる仕組みが組み込まれているのです。これが、「元本保証逓増機能あり」です。

また、ファンド会社が元本保証をするファンドはあるでしょうが、大手銀行が元本保証を出すファンドはこの運用会社以外には見たことがありません。 元本保証は万が一の為ですから、ファンド会社の保証では不安がありますが、第3者である大手銀行が保証しているので、非常に安心感があります。
銀行もこの運用会社の運用を信頼している証拠です。 日本では絶対にない驚きのファンドです。

直近に発表のあったこの運用会社のマネージド・フューチャーズファンドの5月31日(月曜)から1週間の成績は、2.3%上昇で、この不安的なマーケット状況においては、優秀な成績を出しています。


このファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込みく下さい。     
初心者の方のための海外ファンド購入マニュアル(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドレポート 2010.6.10

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億1,000万円にした個人向けファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みへ (商品番号は001です。)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドレポート 2010.6.10

今回は、

 豪ドル建て 元本保証ファンド

のレポートです。

先週の金曜日に、アメリカ株のNYダウ 工業株30種が10,000ポイントを切ってしまいました。
マイナス323.31ポイントの9931.97で、前日比でマイナス3.15%です。直近の5月26日の安値である9974.45を下回りました。さらに、2010年2月8日に9908.39ポイントをつけて以来の4か月ぶりの安値です。不気味な感じです。

さて、前回紹介しました、下げにも強い世界最大級のヘッジファンド会社のマネッジドフューチャーファンドに大手銀行の元本保証が付いたファンドが発売されます。以下が概要です。

商品名:AUD建て元本保証マネージドフューチャーファンド(商品番号:100610)

●運用運営会社:世界最大級のヘッジファンド会社
●申し込み期間: 2010年6月15日~2010年8月13日
●最低申込金額: AUD50,000
●申し込み可能な通貨:オーストラリアドル
●満期償還日:2020年9月30日
●満期時元本保証:あり。オーストラリア大手銀行により、満期時に元本を保証。(元本逓増機能あり)
●過去発売の元本保証ファンドの年平均複利実績利回: 15.4%( 1990年12月から2009年12月までの19年間)
●購入手数料:0%
●早期解約手数料:2013年9月30日まで:基準価格の2% 
以降 無料
注1)実務上、申込依頼の締め切りは、8月2日頃になります。

優れた運用実績、高度な分散効果、及び市場下落時の保険効果を備えた運用戦略への投資機会が提供されます。
世界最大級のヘッジファンド会社のマネッジドフューチャーファンドに元本保証をつけた商品です。
過去発売の商品は、1990年12月から運用が開始され、2009年12月までの年平均複利実績利回は15.4%(約16倍)です。

この利回りで、元本保証が付いているなんて驚きです。

19年間で16倍ですので、もし、1000万円を1990年12月に投資していたら、1億6000千万円になっています。

<投資方法>
投資方法は、マネージド・フューチャーズです。これは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場( *1) 150以上)において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる投資手法です。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。従って、下げトレンドにおいても、利益を出せるわけです。
コンピューターを駆使した高度な取引システムですので、損切りもすばやく対処し、総合的に収益を出します。

*1) 上場先物、オプション、先渡契約に加え、スワップに分散投資し世界中の株式、債券、通貨および商品等に投資
今回のマネージド・フューチャーズは、投資対象がかなり多く、しかも様々なセクターへ分散投資されている商品です。投資機会をとらえ、分散により安定運用を実現しているといえます。

元本保証型ではないオープン(何時でも購入可能)の成績は、1996年3月から2010年4月末までで、年平均複利実績利回は16.9%です。以下が月別実績利回です。

元本保証型でも15.4%ですから、さほど利回りが落ちていません。

<危機時の成績>
このマネージド・フューチャーズファンドは、次のとおり、危機に強い成績を残しています。

左から 危機の内容、期間、マネージド・フューチャーズファンドの動き、世界株の動きの順。

ロシア危機、LTCM破綻:1998年8月1日~1998年9月30日 20.3%上昇 14.2%下落
株式下落マーケット 2000年9月1日~2003年3月31日 75.3%上昇 47.9%下落
サブプライム問題後 2007年7月1日~2008年11月30日 34.3%上昇 42.5%下落

なお、2009年はナイナス16.9%ですが、2008年に33.2%上昇した反動がでています。2010年に入って4月までは、4.3%のプラスです。
サブプライム後2007年7月からリマンショックを経て現在までで、十分なプラスで推移しており、危機に強いことには、変わりがありません。

すなわち、今後、さらに、危機が来たとしても、安心して投資できるわけです。


このファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込みく下さい。     
初心者の方のための海外ファンド購入マニュアル(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンドレポート 2010.6.7

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億1,000万円にした個人向けファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みへ (商品番号は001です。)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンドレポート 2010.6.7

今回は、

世界最大級のヘッジファンド会社のマネッジドフューチャーファンド

のレポートです。

最近はマーケットの下落が続いています。

ニューヨーク市場では、先週末、323.31 122.36ポイント 下げ、9,931.97(3.15%の下げ)となりました。今後も依然として、不安定な状況が続きそうです。

日経平均は4月上旬を高値に、下げ基調となっています。5月に入り下げが顕著となってきました。
                                             
この海外ファンド研究の中で、マネッジドフューチャーの運用手法は、下げにも強く、下げ局面では売りから入り利益を出してきたと言ってきました。

マネッジドフューチャーの代表格である世界最大級のヘッジファンド会社のマネッジドフューチャーファンドは、次のとおり、危機に強い成績を残しています。以下の表はご覧になった方もいるかと思います。

危機の内容 期間 マネッジドフューチャーファンド 世界株

ロシア危機、LTCM破綻 1998年8月1日~1998年9月30日 20.3% 上昇 14.2%下落

株式下落マーケット   2000年9月1日~2003年3月31日 75.3% 上昇 47.9%下落

サブプライム問題後 2007年7月1日~2008年11月30日 34.3% 上昇 42.5%下落

では、今回は、どうでしょうか? 5月3日から、5月24日まで、日経平均は、11200から9500まで、15%下げています。
マネッジドフューチャーファンドはどうなっていると思われますか? 

まだ、1か月程度の下げですから、トレンドを下げに変えて売り始めても、マイナスを小さくする程度かなと思うのが普通でしょう。

しかし、以下のように、既に、上昇(0.65%)しています。

ファンド名
マネッジドフューチャーファンドJPY
時点 ファンド価値  変動率
5月 3日 98.4 -0.40%
5月10日 95.85 -2.60%
5月17日  98.38 2.60%
5月24日  99.04 0.70%

注)比較しやすいようにマネッジドフューチャーファンド の円建てであるマネッジドフューチャーファンドJPNの
ファンド価値としている


もう少しよくみてみるとトレンドの変換が見られます。5月10日までは、株の下落と共に、マネッジドフューチャーファンドも下げていきました。

しかし、5月17日からは、株はさらに下げ続けているのに、マネッジドフューチャーファンドは上昇に転じています。
今後、しばらくは、下げれば、さらに、マネッジドフューチャーファンドは上がる可能性が高いということが、これでわかります。

実際には、世界の170以上の取引銘柄それぞれ、トレンドを判断して、売りから入ったり買いから入ったりしています。今回は、安全資産への逃避として優良な国債が買われたことにより、利益を出している割合が結構高いです。
上記は、あくまでも、理解しやすいよう1つだけ(日経平均)と比較して説明しています。

日本の株、日本の投資信託が下げている中、このようなヘッジファンドであれば、マーケットの下落も怖くありません。むしろ、しばらくは、下がってもらいたいと思えるぐらいでしょう。

マネッジドフューチャーファンドの概要は以下のとおりです。

世界最大級のヘッジファンド会社 マネッジドフューチャーファンドの概要

●商品名:世界最大級のヘッジファンド会社 マネッジドフューチャーファンド
●運用運営会社:世界最大級のヘッジファンド会社
●申し込み期間: 週次 いつでも申込み可能
●最低申込金額: USD30,000、EUR30,000、スイスフラン30,000、YEN3,000,000もしくはAUD30,000 以上
●申し込み可能な通貨:アメリカドル、ユーロ、スイスフラン、日本円、オーストラリアドル
●満期償還日:なし
●満期時元本:なし
●年率複利収益率(過去実績):1996年発売以来 18%
●購入手数料:3%
●早期解約手数料:なし

運用がマネージド・フューチャーズのファンドです。マネージド・フューチャーズとは、株価指数、債券、通貨、商品などの各市場において、コンピューターを駆使した高度な取引システムを利用し、様々な時間軸でトレンドを見出し追随することで収益機会を捉える方法で、トレンド・フォロアーと呼ばれる運用手法を使用しています。下げトレンドがでれば、売りから入り、下げ止まったところで、買戻し利益を上げることができます。


さて、このマネッジドフューチャーファンドを運用する世界最大級のヘッジファンド会社による大手運用会社の買収が、先週、発表されました。世界最大級のヘッジファンド会社の余剰資本を成長機会へと投入します。買収発表時点において、大手運用会社の株式は約16億米ドル(約1500億円)となっています。 
運用総資産は約630億米ドル(約5兆8000億円)規模となり、多様性を有した世界トップレベルのオルタナティブ運用会社となります。

このようなファンドを組み込むことで比較的安定した資産運用が可能になるのではないでしょうか。

このファンドについて詳しい内容をお知りになりたい方はコチラ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド運用における為替レートの考え方とは

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億1,000万円にした個人向けファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みへ (商品番号は001です。)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド運用における為替レートの考え方とは

海外ファンド検討される方で為替リスクを気にされる方がいます。
もちろん為替リスクがあることを理解することは重要です。では、前回ご紹介しました豪ドル建てファンドで運用した場合に、どれだけ円高が進んだら、マイナスになるのかをシミュレーションしてみましょう。

現在の為替レートが80円だとします。前回のシミュレーションを前提にすれば、5年後には91,553豪ドルです。

当初の日本円の運用額が240万円(80円×30,000豪ドル)ですから、240万円÷91,553豪ドル=26.22円、つまり、5年後に為替が1豪ドル=26.22円以上であれば、マイナスにはならないことになります。

では、10年後ではどうでしょう。10年後、279,397豪ドルだとすれば、240万円÷279,397=8.59円となり、1豪ドル=8.59円以上であればマイナスにならないことになります。

このように見ていきますと、現在に比べて、かなりの円高豪ドル安にならない限り、マイナスにならないことになります。

ということは、やはり、為替リスクをとってでも、成績の良いファンドで長期に運用する方が、資産が増える可能性が高いといえるのではないでしょうか。

実際に、海外ファンドで日本円だけでなく、外貨を保有することでリスクを分散して運用されている方も増えています。

資産運用の基本である分散投資、通貨分散を海外ファンドで行うことで、日本に万が一何かが起こっても、資産を防衛することができるのではないでしょうか?

この前回の豪ドル建て好実績のファンドについて詳しい内容をお知りになりたい方はコチラ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド運用でのお金の増え方

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
500万円を2億1,000万円にした個人向けファンド!
このファンド情報など海外ファンド情報を無料にて提供中!
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みへ (商品番号は001です。)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
海外ファンド運用でのお金の増え方

個人が購入でき最近人気がある海外ファンドで、豪ドル建てで2005年5月からの運用による年平均福利利回りが25%のファンドがあります。
このファンドは、リーマンショックによる世界株式が大きく下落した2008年9月、10月の運用成績は、それぞれ2008年の9月が+11.17%、2008年10月が+30.54%とプラスの成績を上げており、非常に運用成績がいいファンドです。

では、仮にこのファンドが今後も年平均福利利回りの成績を上げたとしたら、資産はどのように増えるかシュミレーションしてみましょう。

例えば、AUD30,000をこのファンドで運用したとすると、(実際のファンドは26,500米ドル相当額から、通貨はアメリカドル、ユーロ、円、英国ポンド、スイスフラン、オーストラリアドルのいずれかで運用可能です。)

1年後:37500豪ドル(1.25倍)、 5年後:91,553豪ドル(3.05倍)、10年後:279,397豪ドル(9.31倍)となり、なんと、5年で3倍、10年で9倍になります。

わかりやすいように、日本円に換算してみましょう。1豪ドル80円だとすれば、当初の運用額は、240万円(80円×30,000豪ドル)、です。

今後、為替レートが変わらないとすれば、

5年後には約720万円、10年後には、なんと2,160万円になるのです。240万円を10年間運用するだけで一財産つくれてしまうことになります。(税金等は考慮しておりません。)

これが資産運用の力であり、海外ファンドの魅力だといえるでしょう。

このファンドについて詳しい内容をお知りになりたい方はコチラ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。