スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ファンド研究 通貨運用元本確保型 ファンド

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド研究「通貨運用元本確保型 ファンド(債券)」



今回は元本の安全性、収益性、換金性に優れたこれまでにないファンドをご紹介します。


世界的大手銀行が償還時元本の90%を保証する通貨で運用するファンドです。
9つのファンドで運用するファンド・オブ・ファンズで2005から今年7月までの年換算利回りはグロスで25%程度。6年満期ですが、途中換金可能なファンドです。



1. 債券発行者 : 大手銀行

2. 申し込み期間 : 2012年9月1日から11月23日(申込連絡は11/9まで)

3. 最低申込金額 : 1口 USD 70,000(口数単位)

4. 申し込み可能な通貨 : 米ドル(USD)

5. 満期償還日 : 6年後

6. 元本保証 : 償還時 元本の90%を大手銀行が保証

7. 年換算収益率【グロス】 : 25.95%(2005年1月~2012年7月)

8. 販売手数料(購入時) : ゼロ

9. 保管銀行:大手銀行

10.中途解約 : 時価で売却可(1年目は早期解約手数料4%が必要)


<ファンド概要>

通貨で運用を行い、償還時に大手銀行が元本の90%を保証するファンドです。9つのファンドへ投資するファンドオブファンドです。動きの異なるファンドを組み合わせ安定的で且つ高利回りを実現します。この9つのファンドは、大手銀行が、通常、機関投資家しか購入できないファンドの中で最も優れたものを世界中のマーケットから厳選しています。

この9つのファンドの運用総資産額は、150億ドル(約1兆2000億円)です。


特長は、

(1)世界株式よりも低いリスクで、7年以上の実績で年換算収益率(グロス)が25.95%の驚異的な実績。また、2005年からのワーストダウンは5,5%で世界債券の7.95%よりも小さく安定的。

(2)償還時には大手銀行(格付 A+ S&P)が元本の90%を保証(満期時ボーナス4%あり)

(3)解約はいつでも可能


2005年から運用を開始しており、2005年1月~2012年7月までの年毎の運用実績は、以下の通りです。

2005年 : 49.46%

2006年 : 13.33%

2007年 : 31.36%

2008年 : 33.00%

2009年 : 20.11%

2010年 : 27.47%

2011年 : 11.92%

2012年 :  4.43%


上記は大手銀行等の手数料(3.1%)引き前(利益報酬手数料はなし)の利回りです。グロスの複利利回りは25.95%ですので、投資家の手取り(ネット)の複利利回りは22.85%です。22.85%で複利運用されると資産は6年で3.43倍となります。

例えば、USD70,000(約560万円)がUSD240,100となり、4%のボーナスのUSD 2800がついて、USD242,900(約1940万円)となります。

また、シャープレシオは、2.27ですから、いかに効率良く、安定的に運用できているかを示しています。

元本の安全性、収益性、換金性の3つを備えたファンドだといえるでしょう。



海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2
スポンサーサイト

海外ファンド・オフショアファンドの税金は?

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド・オフショアファンドの税金は?

 日本の居住者が海外ファンドへ投資をして、換金時に利益が出た場合、もしくは、利子や配当を受け取った場合には、確定申告をして税金を支払うことになります。

まず、海外ファンドの満期が到来したとき、もしくは解約したときなどの換金時に利益が出た場合、その所得は「雑所得」となり、他の所得と合算して課税される総合課税となります。「雑所得」は、その所得を得るためにかかった費用(必要経費)は差し引くことができます。

例えば、送金手数料や海外ファンドの情報を得るための購読料やセミナー参加費、書籍代、交通費の領収書やメモをとっておき、確定申告時に必要経費として、海外ファンドの利益から差し引くことになります。実際、経費として認められるかどうかは、税務署に確認をしてください。


以下が所得税の税率になります。参考にしてください。

<所得税の速算表>

(左から 課税される所得金額、 税率、 控除額)
195万円以下           5%    0円
195万円を超え 330万円以下   10%   97,500円
330万円を超え 695万円以下   20%   427,500円
695万円を超え 900万円以下   23%  636,000円
900万円を超え 1,800万円以下  33%  1,536,000円
1,800万円超           40%  2,796,000円

(注) 例えば「課税される所得金額」が700万円の場合には、求める税額は次のようになります。

 700万円×0.23-63万6千円=97万4千円

(出所:国税庁HP)


所得税の他、地方税(住民税など)もかかりますから、ご注意ください。

また、海外証券市場に上場している海外ファンドの場合、上場株式と同様に取扱われ、分離課税(譲渡益の20%)が適用される可能性があります。

税制は毎年変更されますから、確定申告の際に税理士や税務署へ相談をした方がよいでしょう。


海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

海外ファンドへの投資に海外口座は必要か?

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド・オフショアファンドへの投資に海外口座は必要か?


海外ファンド・オフショアファンドへ投資する場合、海外の銀行口座は必要ありません


普通に国内の銀行からファンド会社へ送金ができますし、また、満期金・解約金も国内の銀行口座を指定して受け取ることができます。

但し、細かな注意点があります。

まず、海外へ送金する際ですが、海外ファンド・オフショアファンドの場合、米ドルや豪ドルといった外貨で運用することが多く、その際、日本の銀行で外貨へ換えて送金することになります。

通貨によっては送金できないこともありますから、事前に銀行へ確認をした方がいいでしょう。

米ドルはほとんどの銀行で送金はできますが、他の通貨の場合には送金できない場合があります。

手続きは簡単です。

銀行の窓口に「海外送金依頼書」の用紙がありますので、事前に入手した送金先情報を見ながらその用紙を記入し、窓口に出します。書き方がわからない場合は銀行の方に聞くといいでしょう。(銀行によってはインターネットや電話で送金することもできます。)

外貨を海外送金する際、送金手数料、為替手数料の他に中間銀行手数料がかかる場合があります。この中間銀行手数料は20~30米ドル程度ですが、事前にわかるものではなく、送金してからでないとかかるかどうかわかりません。

中間銀行手数料が差引かれた場合、最低投資金額を下回る場合があります。しかし、その場合でもファンド会社は事情を考慮してくれるケースがほとんどですので、最低投資金額を若干下回ったとしても、その金額で運用してくれます。

基本的にはどの銀行からも送金は可能ですが、できれば事務手続き慣れた銀行、大手銀行がいいでしょう。



次に、満期金・解約金を受け取る場合ですが、こちらも国内の銀行を指定して受け取ることができます。但し、指定した口座が日本円の口座の場合、外貨で運用された満期金・解約金が外貨から強制的に日本円に換えられて口座へ入金されます。

外貨のまま受取りたい場合には、銀行の外貨口座を利用すると、その外貨の口座の取扱い通貨であれば、外貨のまま入金することができます。但し、銀行によっては外貨の口座はあっても振込み入金できない口座や通貨があったりしますので、事前に銀行へ確認しましょう。


やったことがないと、当初、難しく感じるものですが、1度経験すると「な~んだ、こんなもんか」といった感じです。

わからなければ、銀行の方に聞けばいいですし、送金の際に不備がないようにするには、事前に銀行へ電話して、何を用意すればいいかを聞いておけば、より確実に送金できます。

海外送金だからといって、それほど特別なことをするわけではないのです。


海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

海外ファンド活用法その3 「積み立てる」

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド活用法その3「積み立てる」


ここでご紹介しています海外ファンドは最低投資金額が300万円程度や500万円程度とある程度リーズナルブルな金額のものをご紹介しております。しかし、もっと少額から投資ができるファンドないかという方のために今日は積み立て活用法をご紹介します。


それは、以前、ご紹介しました「学生寮で運用するファンド」です。このファンドは最低投資単位1万ポンド程度(約130万円)から運用が可能です。(少額投資の場合、別途費用がかかる場合ありますから要確認)


この学生寮で運用するファンドは満期がありません。そして、追加で投資することができます。追加する場合は3,000ポンド(約39万円)からです。


例えば、初回1万ポンド(約130万円)を投資して毎年年末に3000ポンド(約39万円)を追加していった場合、つまり、毎年積み立てたらどうなるか見てみましょう。


年間の運用利回りを12%としますと、

5年後 約33,000ポンド(約437万円)

10年後 約8万ポンド(約1,050万円)

20年後 約31万ポンド(約4,025万円)

という計算になります。


つまり、毎月250ポンド(約32,500円)を12カ月積立てて3,000ポンドにして、その金額を追加することで、数千万の資産をつくることができる可能性があるのです。


50歳から積立てをスタートしても70歳までには4000万円程度の資産をつくる可能性があるということになります。


上記ファンドは途中換金も可能ですから、資金が必要となった場合には解約することができます。また、ある程度資産ができた場合には、より良いファンドへ乗り換えることもできます。


世の中には、毎月積み立てることができる海外ファンドがありますが、基本的にコストが高く、短期での解約では積み立てたお金がほとんど戻ってきません。その点、上記の方法は、まず少額から安定的な運用利回りで殖やせる可能性がたかく、コストも比較的安いため自分年金つくる方法として十分に使えるファンドですね。


初回少しまとまった資金から始め、積み立てていく方法も検討してみてはいかがでしょうか。


※上記試算はポンド円レートを130円で計算していますので、円換算の金額、積立て金額等は為替レートにより変動します。また、手数料、税金等は考慮しておりません。



海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2

海外ファンド活用法その2「引き出しながら増やす…」

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド活用法その2「引き出しながら増やす…」


「海外ファンド活用法その1」で、300万円~500万円の資金でも時間をかければ海外ファンドで1億円の資産をつくる可能性が高いことを理解いただけたかと思います。1億円の資産が夢ではなく実現可能で身近に感じられますね。但し、ある程度長い時間をかけることがポイントとなります。


ここで、もっと短い時間でできる活用法はないか…ということで、今回のもっと短い時間での活用法について述べてみたいと思います。


そもそもの資産運用の目的は人それぞれです。その目的の中で「資産を増やし、経済的にゆとりある生活を送りたい」と思われる方も多いのではないでしょうか。その観点からの海外ファンド活用法を考えてみたいと思います。


例えば、500万円の資産を以前ご紹介した「FX運用元本確保型ファンド」で運用した場合、このファンドの年換算リターン22%でずっと運用ができたとしたら、10年後には約3,600万円になります。ここで、11年目から毎年600万円を引き出しながら、引き出した残りの資産を同じく22%で運用できたとしたら、どうなるでしょうか…


その結果は…11年目からは、毎年600万円を引き出したとしても資産は増えていき、25年後にはなんと1億円近くまで増えていくのです!つまり、毎年の運用で増えた分以下を引き出すことで、資産を増やしながら生活に必要な資金を引き出すことができるのです。


例えば、3,600万円を年間22%で運用できたとしたら、1年で約792万円増えます。その範囲内で引き出していけば、増やしながら、引き出すことが可能となるのです。

毎年600万円を引き出しながらも資産は増えていく…夢のような話ですね。これが実現できる可能性があるのが海外ファンドなのです。

もちろん、上記はあくまでもシミュレーションであり、その通りにいくとは限りませんし、税金等を考慮していませんが、これまでの実績から考えますと。決して不可能な話ではなく、むしろ実現可能性が高いともいえるでしょう。

このように、大きく増やすだけでなく、引き出しながらも増やしていく…このような活用も考えながら海外ファンドを活用してもいいのではないでしょうか。



海外ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

着実に資産運用したい個人投資家のための「プラザ・マーケット・レポート」を提供中!!
FX、ETF、金、原油等の14マーケットのトレンド、見方がわかるマーケットレポート、グローバルに、しかも、着実に運用したい個人投資家のためのレポートです。オフショアファンドオフショア口座情報も提供!
お申込はコチラ「海外投資のミカタ」へ
プラザ・レポート説明資料
プラザ・マーケット・レポート 説明プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)プラザ・レポートサンプル(英ポンド円)2
プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。