スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当面のドル円レートの目標は1ドル100円か?

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

当面のドル円レートの目標は1ドル100円か?

ここもと外国為替市場で円安が進み、また、株価の上昇傾向となっています。その背景としては、「米国、連邦政府の債務上限引き上げ交渉が5月まで先送りされたこと」、「日本のいわゆるアベノミクスによる金融・財政による脱デフレ」「比較的小康状態の欧州」があげられます。

しかし、株価上昇は世界景気にとってもいいことですが、ピッチが早すぎるとの懸念も出てきています。株価は一本調子で上がるものではありませんから、いずれ調整局面が来ることを想定し、中長期的な観点から見ることが重要になるでしょう。

ところで、現在、マーケットでは1ドル100円が目処という見方が強まっています。その理由は、麻生財務・金融相の「リーマン・ショックの前は1 ドルは100 円以上だった」、石破自民党幹事長の「100 円まで円安が進めば輸入物価が上昇するなどの弊害を招く」という2つの発言などから、日本政府が1 ドル100円を一つの目処としていると考えられるようです。

その点、現在の93-94円台はドルを持ってもいい水準ということになります。

ここからドル円も一時的に調整することが考えられますが、ここも目先の動きにとらわれないことが重要になるのかもしれません。

とりあえず、目先、1ドル100円が目処とすれば、現在は外貨への投資、特に安定運用のファンドへの投資は投資タイミングといえるのではないでしょうか。


ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

今後の世界の経済見通しは?

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

今後の世界の経済見通しは?

-IMFの経済見通しから-

IMF(国際通貨基金)は1月23日に世界経済見通しを改定しました。それによれば、2013年の世界の成長率予想を3.5%(10月時点3.6%)、2014年の予想を4.1%(同4.2%)とし、それぞれ前年に比べ成長が加速するとの予想を示しました。

この点、今年、来年とIMFの見通しとして、世界経済は緩やかに回復、成長するという見通しです。あくまでも緩やかですが...

但し、先進国は依然として低い成長率が続きそうです。

先進国の成長率は、2013年が1.4%、2014年が2.2%になる見通しとなっており、米国では「財政の崖」がおおむね回避されたことに加え、株価の上昇や住宅市場の回復などを背景に、個人消費が一段と堅調に推移し、同国経済は好転していくとしています。

一方、ユーロ圏の成長率は、2013年を-0.2%、2014年を1.0%と、それぞれ下方修正しました。IMFでは、緊縮財政政策や金融情勢により成長が抑制されているユーロ圏周辺国の景気低迷が、ドイツやフランスなどの中核国に波及していることが背景としています。

また、日本については、日中関係の悪化で、中国向けの輸出が落ち込み、景気は後退傾向にあるものの、安倍政権が打ち出した大規模な景気対策、大胆な金融緩和やそれに伴う円安傾向が、短期的には成長につながると指摘しました。

一方で、新興国は引き続き高い成長が続く見通しとなっています。

新興国の成長率は、2013年が5.5%、2014年が5.9%になる見通しとなっています。

IMFでは、景気低迷による先進国の需要減少が新興国の貿易にマイナスの影響を与えているものの、政府による景気刺激策などが成長を後押ししていると分析しています。

なかでも中国の経済成長率は、2012年に7.8%まで減速した後、2013年、2014年はともに8%台を回復する見通しです。なお、IMFでは、中国とインドを含むアジアは、世界でもっとも成長率が高い地域であり続けるとの見方を示しており、金融市場においても、これらの国々の成長力に注目が集まるものとみられます。

これらの見通しからは、引き続き新興国が世界経済を牽引している構図は変わらないといえます。今後とも新興国への投資が高いリターンを期待できる可能性があるといえそうです。

資産配分の考え方としては、安定運用の海外ファンドを分散投資してコア(核)に置き、新興国への投資をプラスαとして組み入れることで、ポートフォリオ全体が比較的安定し、より高いリターンを得られることが期待できます。

くれぐれも一極集中は禁止です。

最近の運用はハイリスク・ハイリターン、つまり、高いリスクをとったからといって、必ずしも高いリターンを得られるとは限らなくなってきているのです。ハイリスク・ミドルリターン、もしくは、ハイリスク・ローリターンの可能性も高くなっています(その理由は、別の機会にご紹介します…)。

一方で、リスクを抑えた運用が、結果として、うまくいっているケースが多いのです。いかにブレ(リスク)を抑えた運用を行うか… これが最近の資産運用のコツなのです。



ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

インフレへの備えをしよう!

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

インフレへの備えをしよう!

~金融緩和策が日本経済にもたらすもの~


円相場は、昨年11月半ばから、急激に円安方向に転じており、米ドル円レートは94円台にまで達しました。11月の半ばは79円台で推移していましたから、15円程度、率にして18%程度の円安が2カ月半で進んだことになります。

この円安は、輸出企業にとっては業績の上ぶれ要因になります。その点を反映してか、日本の株価も円安に連動する形で上昇してきています。

このように見れば、円安=株高、日本経済にとってはいいことのようにも思えますが、その一方で輸入する側からしてみれば、景気のいい話という訳にはいかないようです。

特に、私たちの生活に多大な影響を与える原油価格が、円安により、その内にジワジワと上昇し、日本経済にボディブローのように効いてくる可能性が懸念されます。


これまで、米ドル建てと円建ての原油価格は、円建ての方が上昇は緩やかに推移していました。なぜなら、円高により原油価格の上昇が抑制されてきたためです。つまり、エネルギー価格が円高により価格が抑制され、比較的安定したガソリン価格、電力料金が継続されてきたともいえます。

このように、輸入する側からみれば、円安は物価上昇を招く要因となりかねないことがわかります。今後、新興国を中心とした人口増加や経済成長に伴う資源・エネルギーの需要増加が見込まれる中、資源価格が上昇する可能性は高く、それに伴い、物価上昇の可能性は高まっているといっていいでしょう。

1月22日、日本銀行は金融政策決定会合において、物価上昇率の目標を2%程度(前年比)で安定した推移とすることを決定し、政府と共に共同声明を発表しました。2%という物価上昇率の目標は、日本にとっては、デフレ経済を脱却するチャンスである点からは、将来への明るい展望が開けることが期待されます。その一方で、年2%の物価上昇は、5年で物価が1割強上昇することを意味します。

そうなったときのことを考え、今後は、インフレに対する備えをする必要が高まっているといえるでしょう。

インフレはお金の価値が低下する減少です。例えば、ガソリン価格が1ℓ=100円とき、5,000円で50ℓ入れることができますが。これがインフレになり、1ℓ=200円になったら、25ℓしか入れられなくなります。インフレはお金の価値が低下するのです。このような状況が今後来る可能性が高まっています。

では、インフレ対策はどのようにすればいいのでしょうか?

インフレ対策は「物価上昇以上にお金を増やすこと」です。但し、物価上昇率と同じであれば、お金の価値を減らさないことはできますが、実質増やすことはできません。その点、ここでご紹介しております海外ファンドは年10%程度以上のリターンが期待できます。そのような意味からもインフレ対策の一つとして海外ファンドの活用を検討してみるのも、皆さんの資産を守る、インフレ対策の選択肢の一つとして捉えていただいてもいいのではないでしょうか。



ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド研究「B-Bファンド」の使い方

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

海外ファンド研究「B-Bファンド」の使い方

前回、ご紹介した「B-Bファンド」の年換算複利利回りは18.83%です。

米ドル建てとなりますが、比較的高い運用利回りですね。今後もこの利回りが続くとは限りませんが、10%台半ばから後半のリターンは期待できそうです。

では、この「B-Bファンド」を使った場合、どのような効果があるのかを考えてみたいと思います。

昨年2012年の年間リターンは12.98%でした。月次のリターンは、以下の通りです。

1月  0.92%

2月  1.17%

3月  -0.53%

4月 1.74%

5月 2.15%

6月 -0.90%

7月 1.67%

8月 1.19%

9月 1.03%

10月 1.66%

11月 1.55%

12月 0.66%

月次でみますと、比較的着実に安定的に推移していることがわかります。

このファンドを使って、昨年2012年にわかりやすいように300万円で運用開始したとしたら、資産がどのような推移になったかを下に表示しました。

1月   0.92% 3,027,600円

2月   1.17% 3,063,023円

3月  -0.53% 3,046,789円

4月 1.74% 3,099,803円

5月 2.15% 3,166,449円

6月 -0.90% 3,137,951円

7月 1.67% 3,190,355円

8月 1.19% 3,228,320円

9月 1.03% 3,261,571円

10月 1.66% 3,315,714円

11月 1.55% 3,367,107円

12月 0.66% 3,389,330円

為替レートを考慮しないとすれば、年間の増えた金額が389,330円、年間リターンが12.98%となりました。

300万円の投資で年間39万円程度増えることになります。かなり増える印象ではないでしょうか。

これが3倍の900万円の投資であれば、年間1,168,200円増えることになります。


結構増えますね。


以上が昨年1年の場合のシミュレーションです。

では、2012年の年率リターンで5年運用した場合、300万円投資した資産はいくらになるでしょうか。

12.98%の5年の複利運用の結果、552万円と1.84倍になり、10年では1,017万円と3.39倍となります。
さらに、このファンドの年換算複利利回り18.83%で運用できた場合、300万円投資した資産はどうなるでしょうか。

18.83%の5年複利運用の結果、711万円と2.37倍になり、10年では、1,684万円と5.61倍になります。

これをみますと、資産が加速度的に増えていることがわかります。これは、比較的高い運用利回りと複利効果によるものです。

上記シミュレーションでは、手数料、為替レート等を考慮していませんが、このファンドを使って運用した場合、どの位のスピードで増えていくのかのイメージがつかんでいただけたかと思います。

国内には個人投資家が利用できるこのようなファンドはありません(もしかしたら、どこかにあるかもしれませんが…)。しかし、海外ファンドでは個人投資家でもこのようなファンドで資産形成をすることがすぐにできるのです。

高いリターンで、しかも、安定的に運用可能な点では、分散投資の一つの資産として組み入れることで効果的、効率的に運用できるポートフォリオがを構築できることが期待できますね。


このように高い安定性と実績をもつファンドですが、いうまでもなく、この実績が将来も続く保証はありません。中長期運用を前提としていただき、定期的に運用状況をチェックしながら、継続するか、解約するかの判断は投資家自身で行うことが重要となります。



ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド研究 【B-Bファンド】

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


海外ファンド研究 【B-Bファンド】

今回は、着実に利益を積み重ね年換算複利利回り18%台と比較的高い運用実績ある安定運用のファンドです。


概要

1. 運営会社 : Bl社 (USAでCFTCとNFAの認可あり)

2. 申し込み期間 : 月次で、いつでも申込み可能

3. 最低申込金額 : 31,580米ドル(純運用額が30,000米ドル)

4. 申し込み可能な通貨 : 米ドル

5. 年換算複利利回り : 18.83%

6. 最大下落率 : -5.77% (2009年7月)

7. 満期償還日 : なし

8. 元本保証 : なし

9. 購入時手数料 : 5% (送金金額の95%が運用されます。)

10.解約手数料 : なし



主に先物市場のオプション取引の売りから入る投資戦略です。オプション取引の売りから入ることにより、オプション料の受け取り、これを収益とします。

まず、下記の実績をご覧いただきますとおわかりの通り、いずれも安定的に運用実績を上げていることがわかります。着実に利益を伸ばしていることがわかります。そして、注目すべき点はリターンに比べ、これまでの最大下落
率が-5.77%と小さい点です。

昨今の運用難の状況の中でこれだけの安定的な運用ができている点は評価できるといえるでしょう。

B社は、NFA(米国先物協会)に登録された商品取引アドバイザー(CTA)です。また、CFTC(商品先物取引委員会)へ認可登録しています。

伝統的な運用商品との相関が低い運用を目指し、あらゆる市場環境でプラスのリターンを生み出す、絶対リターン戦略を目指した運用を行っております。

その取引戦略が 5つの重要な要素を取り入れおり、それは、「ファンダメンタル分析」、「テクニカル分析」、「マネーマネジメント」「戦略の識別」と「リスク評価」です。そのオルタナティブ投資戦略は、金、S&P 500、原油に限らず、様々な先物契約のオプションの買い(売り)を行いながら運用します。


運用実績(米ドル 年間リターン)

2009年 : 20.17%

2010年 : 21.30%

2011年 : 22.42%

2012年 : 12.98%

このファンドが顧客の口座の資金を運用するため、投資家は何で運用しており、どの位の損益なのかを把握することができ、極めて透明性が高い運用を行うことが特徴です。自信のあるケースにおいてのみ、取引を行うことにより、勝率を上げています。 


従って、取引量は地味ですが、実績のとおり着実な成果を出してきています。


このような安定運用のファンドを資産の一部へ組み入れることで、ポートフォリオ全体が安定かつ高いリターンの運用が期待できますね。


このように高い安定性と実績をもつファンドですが、いうまでもなく、この実績が将来も続く保証はありません。中長期運用を前提としていただき、定期的に運用状況をチェックしながら、継続するか、解約するかの判断は投資家自身で行うことが重要となります。



ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

海外ファンド研究 【英国学生寮ファンド】

このブログは、FX、ETF、投資信託、海外口座、海外ファンドを使ったグローバルな資産運用を本音で語り、一人でも多くの方が資産をつくり、資産運用に成功するための運用法について、学べるブログです。
是非、そして、気軽に、読んでください!!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


海外ファンド研究 【英国学生寮ファンド】

英国の学生寮で運用を行う比較的安定運用のファンドです。
これまで約2年半程度の実績で月次のリターンで一度もマイナスになったことがない、着実に安定運用が期待できるファンドです。

募集概要は以下の通りとなります。

1. 申込期間 :月次

2. 申込可能通貨:英ポンド£、ユーロ、米ドル$、シンガポールドルS$

3. 最低申込金額:£10,000 / ユーロ10,000 / $15,000 / S$20,000 注)
(追加購入時は£ 3 ,000 / ユーロ3,000 / $ 5,000/ S$6000 単位)※手数料別

4. 満期償還日 :なし

5. 元本保証 :なし

6. 年換算複利利回り:20.84%(英ポンド前払い、2009年12月~2012年12月)

7. 解 約 :月次解約可

8. 手数料 :

○前払い 購入時:5% 解約時:なし
※前払いは英ポンドのみ

○後払い 購入時:なし
解約時 :1年以内の解約:5%、2年以内:4%、3年以内:3%、4年以内:2%、
5年以内:1%、5年超:なし

注)お申込金額がUSD30,000相当未満の場合は、別途費用がかかります。



1. ファンド概要

年間10-12%のリターンを目指す、学生寮へ投資するファンドです。英ポンド建ての運用は2009年12月からスタートし、2012年6月まで年換算利回り23.83%となっています。

これだけ高い利回りになっている理由は、リーマンショック時に低い価格で購入できた物件の売却益のためです。このファンドの主な収益源は賃料収入ですから、10-12%程度の年間利回りが期待できるファンドだと思った方がいいでしょう。これまで月別リターンでは1度もマイナスになったことはありません。

2.運用方法

まず、英国のトップ30 の(学生人口によって)町および都市の寮を購入します。
この際、最大の借り入れは、購入額の33%までとして、リスクを抑えます。この学生寮から入る家賃収入が柱となる収益源となります。また、それらの寮の位置、需給およびレンタルの可能性が最も大きい選択的な場所に注目することにより、キャピタルゲイン(値上がり益)もねらいます。寮の取得にあたっては、外部の独立した評価から10%のディスカウントされた学生寮を取得することを追及することによって、キャピタルゲインを狙います。


学生寮へ投資には安定的家賃収入があります。かつ、今後の成長が見込まれています。その理由は以下の4つです。

① 2009年8月から2010年8月までに高等教育を受ける学生の数が4%増えています。

② 現在のトレンドから、英国において2014 年までに学生の数はおよそ300 万人にのぼると予想されます。

③ 2009年度には外国人留学生の数が10%程度増え、そして2010年8月には英国の大学における全学生の15%を外国人留学生が占めています。

④ 大学院生の数は全学生人口の23.2%を占めており、その割合は大きくなっています。


例えば、新興国の金持ち層(会社経営者から政治家等まで幅広く)は子供達に高度な教育をさせたいと考えています。その際、自国での教育システムでは不十分ですから、英語を学ぶことも含めイギリスの大学で教育をさせます。中国、インド等から多くの留学生がやってきます。年々、外国人留学生が増えているのはこのような背景からです。

彼らにとっては、大学とパッケージになった寮生活は必須であり、高額な費用でも金持ち層にとっては安いものです。今後も、この傾向は続くと考えられます。このファンドはできるだけ外国人留学生の寮を狙って投資をしています。

以上から、英国において、学生寮の需要は今後も増加していくものと予想されており、学生寮への投資は比較的安定的なインカム収入と資産の増価が期待されています。


3.実績
 過去2年実績は以下の通りです。(いずれも英ポンド建て、手数料前払)
 2011年: 14.20%   2012年: 9.75% 
 
これまで月次の実績ではマイナスになったことがない、着実運用実績となっています。


注意!
2013年2月より、直接投資の最低投資金額の引き上げ、GBP50k以上にすることになりました。具体的には各クラスでGBP50,000, EUR70,000, $90,000, S$100,000です。しかしながら、この最低投資金額の引き上げの措置は、比較的にリスクの高い地域の居住者から適用になります。

今回、今のところは、日本居住者は適用外で、これまで同様の投資金額です。

但し、今後は変更になる可能性がありますので、直接投資でGBP10000からGBP49000の予算で検討している方は早めに投資された方が良いかもしれません。

このように高い安定性と実績をもつファンドですが、いうまでもなく、この実績が将来も続く保証はありません。中長期運用を前提としていただき、定期的に運用状況をチェックしながら、継続するか、解約するかの判断は投資家自身で行うことが重要となります。


このような、金融マーケットの影響を直接的に受けないファンドをポートフォリオへ組み込むことで、資産運用全体の運用に安定性が増すことが期待できますね!


ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○当社は、信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
初心者のための海外ファンド購入の方法についてまとめた
海外ファンド購入マニュアルプレゼント(無料)
ご希望の方はこちらからお申込みください⇒ お申込みフォーム(”お問合せ内容”に「マニュアル希望」とご記入ください。)

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。