海外投資で増やす資産運用塾> > 海外ファンド研究 【安定運用 L.A ファンド】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ファンド研究 【安定運用 L.A ファンド】

海外ファンド研究 【安定運用 L.A ファンド】


今回は、安定運用のヘッジファンドをご紹介します。

1.運営会社:P社

2.申し込み期間: 月次 いつでも申込み可能

3.最低申込金額: USD 50,000 相当額から

4.申し込み可能な通貨:アメリカドル、ユーロ、スイスフラン

5.満期償還日:なし

6.元本保証なし

7.過去実績: 2013年の11月までの上昇率は11.48%。年率複利収益率5.56%

8.監査法人:KPMG (Cayman Islands) 日本にもKPMGジャパンがある。

9.解約は、月次。10日間の事前通知が必要。


<ファンド運営会社、運用方針等>

T-Fund や E-Fundで名が通るP社が運用するファンド・オブ・ヘッジファンズが、L.A ファンドです。同社はスイスの先物戦略を専門とする会社で、世界のファンドの中から優秀なファンドを選び運用しています。その際、運用方法に偏りがないようあらゆる運用手法を取りいれ、分散します。USD50,000でこれらの多くのファンドに個人で投資する事は不可能です。また、事務処理(申込書等の事務や契約確認書の発行など)については、S社(アイルランド)社)が行っています。


<運用状況>

2013年の成績は、プラス11.47%です。 2005年1月からの年平均利回りは5.56%のプラスで、地味ですが、安定性に定評があります。87.5%の月で、プラスの成績を残しており非常に安定的と言えます。リーマンショックの2008年を含む9年間でマイナスの年は、2011年の1回だけでマイナス4.43%だけです。ベンチマークであるHFR FOF指数(ファンドオブファンドの総合指数)を大幅に上回ります。リーマンショックの2008年は、11.1%の上昇と下げにも強いことが実証されています。
以下が月別成績です。

LAFund Track Record



以下が、投資先ファンドのウエート等を示す一覧です(上位15のファンド)。「Monthly Attribution」は、11月の各ファンドの成績で、細かく、堅実に分散し、プラスを積み重ねていることがわかります。 

LAFund Fund List


このような危機時に強いファンドを資産の一部に組み入れることで、より安定した運用が可能になりますね。


このように高い安定性と実績をもつファンドですが、いうまでもなく、この実績が将来も続く保証はありません。中長期運用を前提としていただき、定期的に運用状況をチェックしながら、継続するか、解約するかの判断は投資家自身で行うことが重要となります。


ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)



海外ファンド研究会
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。