海外投資で増やす資産運用塾> > 海外ファンド研究 【安定運用 NJ ファンド】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ファンド研究 【安定運用 NJ ファンド】

海外ファンド研究 【NJファンド】

<ファンド概要>

1.販売、運営会社:N社

2.申し込み期間: 月次(16日締め切り)  いつでも申込み可能

3.最低申込金額: USD26,500 相当額から(手数料を除いた投資額が、USD25,000)

4.申し込み可能な通貨:米ドル、豪ドル

5.満期償還日:なし

6.元本保証 :なし

7.年率複利収益率(過去実績):約18% ※通貨によって若干異なる。

8.販売手数料(購入時):5%

9.解約:月次、1か月前までに解約通知が必要

10.保管銀行:HSBC



「レラティブバリュー・コリレーション」という、最新鋭の運用戦略を使ったファンドで、バミューダの金融庁の認可を取得しています。
この新運用手法で本当にうまくいくか、トラックレコード(実際の運用成績)を作る目的で投資が行われ、その結果が以下の通りで、素晴らしいものです。以下の「NET Return As %」が、その月別成績です。アーンストヤング社が監査人としてその数字を検証し確認しています。

NJF-1.jpg

NJF-2.jpg


注)2010年の「NET Return As %」の合計は52.8%ですので、これを半分にしたもの(エバレッジが1倍)である26.4%が、同ファンドの2010年の実績と読み替えることができます。


この運用方法にてさらに、リスクを減らし、レバレッジをなくし(1倍に下げ)、2011年9月から発売を開始しています。


実績年利回りは18%程度となっています。豪ドル(AUD)の場合、2011年の年間運用成績は14.46%(2011年9月から12月までの4ヵ月)、2012年は18.93%、2013年は8.7%と安定したパフォーマンスを上げています。シャープレシオが3という素晴らしい安定性です。


月別にも、マイナスとなった月が、28か月中3回のみで25か月がプラスです。 多くののヘッジファンドがマイナスであった2013年5月、6月もプラスです。


<最新の豪ドル(AUD)の月別成績> 

運用資産残高は約36億円です。

オーナー及びスタッフもファンドに資金をかなり入れており、運用資産全体の25%を占めているとのことです。

「同ファンド」の最大の特徴は数分から72時間以内に取引を行なう短期プログラムを採用していることです。

目標とする収益が上記の時間内に得られない場合は、ポジションを手仕舞いし、再度収益を狙います。24時間、コンピュータがグローバル市場において、相関性の高い市場を監視しており、そこにズレが生じたときに売買シグナルを発生します。市場が大きく変動する際に発生しやすい一瞬の市場のズレを狙って収益をあげていきます。市場が荒れている時は収益機会が多くなります。一方、市場が動かない時は収益の機会は少なくなります。

また、短期売買で、且つ高速売買で損切をコンピュータで行う等、リーマン・ショック以降ヘッジファンド業界で話題となっている、テールリスク(確率は低いが発生すると非常に巨大な損失をもたらすリスク)にも対応した運用プログラムとなっています。

運用戦略の名前の「レラテイブバリュー」とは「相対価値」、「コリレーション」とは「相関性」という意味です。

収益イメージは、例えば日経平均とイギリス株先物のFTSEの相関性が高いとします。高い相関性を持つ二つの投資対象についてコンピュータが監視を続け、一時的に、相関性が崩れた時、相対的に割安なものを買うと同時に割高なものを同時に売り、また、相関性が戻った時には瞬時に反対売買を行い収益の獲得を目指します。 昨今の先物の変動が大きいマーケットに合った旬の運用方法と言えるでしょう。コンピュータでの売買手数料が非常に安くなったことも、短期売買の運用モデルを可能にしています。 

この戦略では市場の変動に対して中立的にリターンを得ることになります。そのため、投資戦略の中でも、損益が市場の方向性に左右されないという点で相場の方向性に賭ける投資手法とは異なります。 これにより、安定的な収益を狙うことが可能になるわけです。 一方、ファンド規模が大きくなった場合は、収益機会が減ってくるため、あるタイミングでは募集が中止となると推測されます。


<リスク>
このファンドの主なリスクは、日本円以外の通貨での運用については「為替変動リスク」、運用がうまくいかない場合の「ファンド価値下落のリスク」、「信用リスク」がございます。



このような危機時に強いファンドを資産の一部に組み入れることで、より安定した運用が可能になりますね。


このように高い安定性と実績をもつファンドですが、いうまでもなく、この実績が将来も続く保証はありません。中長期運用を前提としていただき、定期的に運用状況をチェックしながら、継続するか、解約するかの判断は投資家自身で行うことが重要となります。


ファンドにご興味ある方は下記より、アクセスしてください。

=最初はみんな初心者です!一歩を踏み出しましょう!世界が広がりますよ!=

○海外ファンドについて詳しい情報(無料)をご希望の方はコチラからお申込み下さい。
    
○信頼おけるIFAのご紹介をしております。初心者大歓迎、基本的な質問など相談にのってくれるIFAです。IFAのご紹介をご希望の方はコチラからお申込み下さい。(紹介無料)



海外ファンド研究会
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

海外ファンド研究会

Author:海外ファンド研究会
個人の資産形成の一つとして海外ファンドの活用を研究、提案するブログです。数あるファンドの中から選りすぐりファンドをご紹介し、皆さんの資産運用の参考となればと思っています。一人でも多くの方が資産運用に成功し、ゆとりある、明るい、人にやさしい社会の実現の一助になれればと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。